キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

数学から学んだもの

私は高校生活の2年間を理数系で学びました。 特に理数系が得意だった
わけでもなく(むしろ化学以外は苦手ばかり)女子が圧倒的に少ないから
もてるだろうという下心があったわけでもなく…(笑)
きっかけは入学直後の数学の学力テストで100点満点中9点しか
とれなかったことでしょうか。

成績優秀ではなかったけれどこれほどひどい点数を取ったのは初めて。
母にも友達にも言えずショックをズルズル引きずりながら2学期半ばまで
過ごし、このままではいかんと意を決して当時の数学担当S先生に
相談しに行ったのです。 どんなふうに勉強をすれば良いのか?との私の
質問に先生はこういわれたのです。

「あなたはノイローゼですよ。」

さらなるショックとともに私の闘志にも火が付きました。
絶対数学で良い成績をとってやる!
それには理数系に進み数Ⅱ、数Ⅲを学ばねば…
(私は文系進学を希望していましたが当時の大学入試は今ほど受験科目が
はっきり分かれていなかったので理系からも受験可能でした。)

今思えば何ちゅうアホな考え、人生初の選択間違いでしたね(笑)
なぜなら理系の数学担当&担任は私をノイローゼ扱いしたS先生だったからです。
S先生は真面目でとても頭の良い方でした。 それ故私のような数学落ちこぼれの
気持ちは全く分からないらしくいつも問題の取り組み方と答えは教えて
くださるのですがどこをどのように辿れば答えに行きつくかは自分で考えよと。
私はそこが一番知りたかったのにぃ~(笑)

どれだけ考えてもわからず白旗を掲げて先生に訊きに行っても
「正しい答えを教えろと言われてもねぇ。 答えにたどり着けば
 すべて正しい答えですから…」
みたいなことを言われてけむに巻かれ、結局クラスメートの誰かれなく
捕まえては訊きまくり何とか赤点を逃れていました。
受験間近には通学途中で一緒になる他学年担当の数学の先生まで
巻き込んでとにかく必死でした。

その甲斐あってか?大学入試では特に苦手だった図形の証明問題が
驚くほどスラスラ解け思わずバンザイ!と叫びたくなるほどでした。
でも数学に一生懸命になるあまり得意だったはずの英語が
疎かになり結局受験には失敗してしまいました(英語の教職を
とるつもりだったのに…) でも2年間で数学が好きになりました。
 
大人になってふと思いました。 数学の問題を解くのは人の生き方と
同じだなと。 正しいと思い進んでいても行き止まりだったり
ものすごく回り道をしたり、振出しに戻ってしまったり…
でも目的に向かう気持ちさえあれば必ず行きつくことができる。
今回iPS細胞でノーベル賞を受賞された山中先生のお話を聞いて
ますますそう思いました。

S先生は数字の計算より本当は私達に人生を教えたかったのかな?


後日談ですが私が学力テストで9点をとったことを卒業間近に友達に
話したらみんな同じように悪かったそうで良い人でも30点台だった
そうです。 S先生に相談に行った時そのことを聞いていれば私の
人生は今とは全然違っていただろうに…
先生に感謝するべきか?恨むべきか?(笑)





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

ストレスゲージ・・・MAX!

ここの所ストレスのためか体調が今一つ…
な~~んて言いながらよく食べよく眠り順調に体重が
増えつつある女房です(笑)
ストレスの原因は言わずもがなおじいちゃん。
まぁちょっと聞いてください。

まず先月のわが町の最大イベント「菖蒲湯祭」の時のこと。
例年通り親父に手伝ってもらって柿の葉寿司を約140個ほど作りました。
いつも5軒の親せきや元従業員さんにお赤飯とお寿司を配るのですが
20個ずつ配っても100個。 我が家には40個は残る計算。
その中から子供たちに少しずつ送ってやろうと家に帰ると
お寿司を入れた容器の中はほぼ空っぽ? えっ、無い? 無い!
いつもおじいちゃんが折に詰めて配るのですがどんだけ入れたんや!
腹を立ててる暇もなくすぐにお寿司の材料を買いに走りました。
帰って散らばった折箱を片づけていると中に20個入ったものを発見、確保。
それを夜家族で食べたのですが翌日になるとまた残りが折ごと消えた。
事務員さんにその話をすると
「祭前日に会長が配布先のリストを作ってたわ」
そこにはおじいちゃんの行きつけの喫茶店の名前などが入っていて
それを見た彼女は
「へ~こんなとこにまで配るんや」
と思っていたとか。
足りなくなるのは当たり前か…


それから半月ほど経った頃自宅の玄関先におじいちゃんが放ってあった
プランター3個にゴーヤの種を蒔きました。
時期的にちょっと遅めだったのでもしも芽が出なかった時のために
1本だけ苗を買ってきて真ん中のプランターに植えました。
毎朝お風呂から帰ると水をやり親父に手伝ってもらって2階まで
続くネットも張って芽が出るのを楽しみにしてました。
それから5日ほど経って家に帰るとそのプランターにへちまと
風船蔓がびっしり並んでいました。
さすがの私も爆発! 親父はオロオロ…
おじいちゃんにも文句を言いましたが
「知らんかった」
で片づけられ腹が立ったので全部抜いて別のプランターに
移してやりました。
お陰で種は1つしか発芽せず今でも見るとムカムカします。

ゴーヤ

                ↖     ↗
何とか落ち着いた現在のへちまとゴーヤ。
何もおんなじとこにネット張らんでも… 自分の部屋の縁側に張ればいいのに。


と、これだけの話を何人かの友人に話したのですが何故かみんな
笑うのです。
で、私のストレスゲージはMAXから下がりません。


そんな私のストレスを解消してくれるはずの刺繍。
最近はちっとも進まずこちらも解消どころか原因の一つかも

カットワーク1

ちょっとは進んでるかな?(こんなブロックが6つあり)
 





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

不正

最近ある売れっ子タレントの母親が生活保護を受けていたと
話題になっているが、今の時代不正をすることにさほど罪悪感を
感じない人が多いらしい。

身近では入浴料の話。
私は毎朝6時の開店と同時に総湯(温泉の共同浴場)へ行く。
入口にはいつも40人ほどの常連が自動ドアが開くのを待っていて
ドアが開くと同時に一斉になだれ込む。
入浴は1回420円。 半年間のパスは7000円。
毎日入らない人は2000円のパスを買って1回50円を払って入る。

ところが開店のどさくさに紛れてその50円を払わない人達がいるのだ。
見つからないと思っているのだろうが周りの人はしっかり見ていて

「今日もあの人払ってなかったわよ」

とコソコソいう声が聞こえてくる。
噂されている人の一人はなんといつも私の隣に座りのんびり入っていく
私の席を確保しておいてくれる人。
がらっぱちな感じだけど決して悪い人ではない。
年金生活をしているけど週に2~3日はアルバイトにも行っているし
お金に困っている風でもない。
なのに50円は払わないらしい。

お風呂友達は私に意見せよとでもいうように

「また今日もよ」

と言う。
私も不正は大嫌いだけどあまりに近しい人にどのように言えばよいのやら。
単刀直入に

「ひょっとして払ってないんじゃない?」

と聞くべきか、それとも遠まわしに

「たった50円なのに払わない人がいるんですって」

と他の人が気付いていることを伝えるべきか…
楽しいはずの入浴タイムがだんだん苦痛になりそうだ。

もっとも不正をしているのはその人だけではないらしいので
施設が対処してくれるのが一番いいのだけど。
投書するか?





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

存分に楽しみました♪

日本の多くの地点で観察できた金環日食。
こちらは残念ながら部分日食しか見られませんでしたが
いつになくすっきり晴れたのでこんな光景が見れました。

金環日食1


めったに見れるものではないので嬉しくなってちょうど
通りかかった小学生達に

「ほら見て!見て! 木漏れ日が三日月型よ!」

と地面を指差して教えたのですが

「このおばさん何騒いでるんだろう?」

と不思議そうに見られましてガッカリ…
最近の子供には好奇心ってものがないのかい?
次はいつ見られるのかわからないのにもったいないことしたね。
私はきっとこれが最期だろうからしっかり見ておきました(笑)




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

プレゼント

4年余り、親父と女房が所属するソフトバレーのチームで
オジサンオバサンに交じって練習をしてくれた若き警察官K君が
昨秋の昇進試験に見事パスし、この春栄転することになりました。

メンバーの娘、息子よりは少し若いK君。 勢い余って
すごいアタックを打ち誰かに当たると「ごめんなさい」と
飛んであやまりにくるようなとても可愛らしい性格で
私たちのアイドルでした(笑)

お嫁さんを世話してチームに繋いでおこうといろいろ策を
練りましたが(笑)良い候補者も無くお別れと相成りましたが
親父曰く「あいつの性格やと年に何回かは来るぞ」だそうです。
期待しましょう(笑)

そんなK君。 お別れにと皆にプレゼントをくれました。

お別れの品

石川県警グッズ。 真面目なK君らしいです。
偉くなってまた戻ってきてね。



さてこちらのプレゼントはだいぶ日が経ってしまいましたが
娘婿君からのホワイトデーのプレゼント。

ホワイトデー 1 

ショート丈のエプロンです。
娘に聞いても何でも持ってるというので毎日使ってもらえる物に
しましたとのこと。 ありがと。

このエプロンにいたく感激しているのが親父。

「義母の体型を気遣って細く見えるようストライプを選ぶなんて
さすがじゃ」


「・・・」

「しかもさりげなく太っていることを自覚させようとしている
あたり、あの婿、非常に気に入った!」


「ムッ…」

親父が喜んでいる理由はこのタグ!

ホワイトデー 2

どうやら娘の差し金らしい。
この親父にしてあの娘あり(怒)(笑)




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

«  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。