キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

余命○ヶ月

知人が3月末に乳がんの手術をした。
今は再発予防の10分間の治療に毎日片道1時間かけて
通っている。 
大企業の社長夫人なのでもちろん運転手付だが
それでもとても辛そう…
釣りきち親父の同級生も乳がんだった。
彼女も術後1週間に1度片道1時間かけて
治療に通っていた。
毎回財布に5万円あまり入れて行くが
それでも心もとない…とくどいていた。
半年あまり通い100万円以上をつぎ込んだが
結局再発して昨年亡くなった。
ポケッと女房が癌になったら
「ハイ、それま~で~よ~」(古!)やな、きっと。
時間もお金もままならない。
それだけで気力も無くなってしまいそうだ。

もし女房が癌に侵されて余命○ヶ月になっても
決して告知はしてもらいたくない。
限りある月日を数えながら生きるなんてまっぴらだ。
ましてや親父のおかげで不満たらたらの今の状態では
最期を迎えるとき
「ああ、いい人生だった。」とか
「ありがとう」
な~んて言えるはずもない。
でも告知されずに憧れのノイシュバンシュタイン城や中国へ
行けずに死んでしまうのもな~
だけど一人では行かれんし友達を誘うと言ってもみんな仕事あるし
お金も要ることやしやっぱ釣りきち親父に付き合ってもらう
しかないかな。
かといって親父も会社を何日も空けられないし…
いつものことだが女房は相手のことをいろいろ考えすぎて
結局自分の要求を言い出せずに悶々とする。
あかん!! ストレスが溜まってますます病状が悪化しそうや。

いつだったかテレビで余命3ヶ月と宣告された人が
自分の挑戦したいことをどんどん増やし、それらを次々クリアしながら
5年ほど経った今も元気に暮らしていらっしゃるのを見た。
女房は残念ながらそれほど強い精神力は持ち合わせていないので
余命○ヶ月と聞いただけで「ご愁傷様」となりそうだ。
もうだめだ!と感じた時に悔やむことは多いかもしれないが
やっぱり告知されずにそのうち良くなると信じて前向きに
生きていくのが女房には1番合っているような気がする。


丈夫なポケッと女房、心配はいらん!と思われる方はポチッ
bloking ブログランキング【Bloking】へ
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/41-8ca5cd7f

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。