キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

泣きながら読みました

被災地へ実際に行かれた医療チームの看護師さんが書かれた日記です。

テレビで見るよりもっと厳しい現状。


被災地の現実


自分に何が出来るのか? 何をしなくてはいけないのか?

みんなでそれぞれ考えてみましょう。



にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

何回も泣いたのに

また、泣いてしまいました。
でも読後のすがすがしさ!

私のしょうもないブログが
恥ずかしくなりました。

素晴らしい看護師さんですね。
優しい看護師さんです。
こんな人が居てくれて嬉しい。

私は義援金しかできていないので
東北が復興したら旅行しようと思います。

夏の海水浴なら「荒浜」
各種イベントやアウトレットなら「仙台港」
近場で美味しい魚介を食すなら「塩釜」
観光するなら「松島」~「塩釜」~「気仙沼」
海岸線へ小旅行ならリアス式海岸「三陸」

宮城に住む私にとって今回の震災で津波被害にあったのは毎年1度は訪れるどこも身近な場所ばかり…。
そんな身近で美しい海辺の町並みが跡形も無くなってしまったなんて(泣)
TVで見る光景でさえ目を覆う程なのに、放映されない悲惨な現実があるのですよね。

東京からいらしてくれた医師や看護師さんチームの方々。
被災地の方々と一緒に家族の輪に入って親身に救援活動を行ってくれて本当に感謝しています。

震災後、日本はもとより世界各地から救援の手が差し伸べられていて、我家のある仙台市の中心部でも九州や関西から「震災救援活動車」のステッカーを貼った給水車やガス復旧車が走り回っています。
おかげでライフラインの復旧も中心部から進んできました。

遠くから救援の為に足を運んでくれる皆さんがこんなにたくさんいるんですもの、身近に住む被害の少なかった私達が今度は足を運んで復興に尽力しなければ…。
そう思って頑張ります。

アイマイさんへ

最近はクリックすると訳のわからんページに飛んでいく
コメントもあるので恐る恐るクリックしたら…
な~んや!セカセカさんやん!
あぁびっくりした~
変身してパワーアップやね♪

町内に震災後3~4日で被災地に行かれた若い市会議員がいて
友達から被災地の様子を又聞きしていたので、覚悟して
読んだのですがとてもリアルで後から後から涙がこぼれました。
自分の無力さがつくづく情けないです。


saji さんへ

sajiさんも被災者です。 あまり頑張りすぎないでね。
微力でも私も出来ることを探してみますから。

私にとっても東北は修学旅行で行った思い出の地です。
あまりの美しさに呆然と立ち尽くした中尊寺金色堂。
オレンジ色の夕日に包まれた松島。爽やかなグリーンの
五色沼。リタイヤしたら絶対行こうと親父にいつも
言っていました。
いつかきっと行けますように…
世界中の人のお力も借りて一緒に頑張りましょうね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/358-7a0e062a

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。