キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

オープン!

今年の春から町中に立てられていた幟。

古総湯7

その古総湯が先日オープンしました。
明治時代に建てられていた総湯(共同浴場)を再現したもので
浴室にはカランもなければシャワーも無い。おまけに脱衣場も無い。
建設には賛否両論いろいろありましたが何とか無事完成したようです。

古総湯1

これはオープン前々日の写真。
計画では電線も地中に埋められるはずだったのに道路を掘り返したら
いろいろな問題が出てきてオープンには間に合わなかったそう。
でもいずれスッキリする予定。


オープン前に古総湯の中に入れる機会があったので携帯でパチリ。
暗かったのでかなり画像が汚いです。

暗くて見えないでしょうが衝立の向こうの壁に脱衣棚があります。

古総湯内部2

窓はステンドグラス。明治時代には珍しかったことでしょう。
窓の下には九谷焼のタイルが貼ってあります。

古総湯内部1

女湯と男湯は扉で仕切られただけ。扉に鍵がついているのか?思わず
確認しちゃいました(笑)

古総湯内部3

ここは2階の休憩室。見晴らしは? …あまり良くないです(笑)

古総湯内部4





古総湯のお向かいは私が毎朝通っている現代の総湯。こちらにはカランもシャワーもあります(笑)

古総湯3

そのお向かいはべんがら格子で有名な老舗旅館「白銀屋」

古総湯2

現代の総湯のお隣は温泉寺「薬王院」 とても古い歴史のあるお寺です。

古総湯4

そのお隣は「服部神社」 毎年夏に大田楽の舞台になります。

古総湯5

そしてそのまたお隣が昔、北大路魯山人が暮らしていたという「いろは草庵」

古総湯6


ちょっぴり旅行気分を味わってもらえたでしょうか?







にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

どうしてだろう?
温泉の画像がどれも見られないんですけど、
私だけかしら?
他の皆さんは見られますか?

味わいました

写真、綺麗に見られましたよ。。。

お寺や神社や旅館など、旅行に行きたくなりました。
これからは出掛かるのにはいい季節ですね。

こんにちは^^

ご無沙汰してました~。
ご近所に由緒あるお寺や旅館があって
とても風情ある街にお住まいなのですね。
そこにまた明治時代の銭湯が再建されたとは…。
カランがないのでは湯船からお湯を汲んで
身体を洗ったりされるのでしょうかね。
すぐ近くに銭湯があるようなので、
明治の雰囲気を味わいながら湯船につかるだけ!
っていうのもありなのかな。
ん~入ってみたい。

tenchan さんへ

あれ?見られませんか?
すべてJPEGファイルなんだけどなぁ…
写真が見られないならお隣の県でそう遠くないことだし
ご主人が帰国なさった時にでも実物を見に来てください。
ご案内しますよ。…というもののあまり詳しくは
ありませんが(汗)

すずめさんへ

すずめさんご夫婦が車中泊で旅行していらっしゃるのを
いつも羨ましく見ています。
こちらの方へもいらっしゃいませんか?
金沢、能登、東尋坊etc 見所は一杯ありますよ。
で、山代で旅館に1泊。 Nice Plan!

sajiさんへ

お久し振りで~す。
最近ちょっと忙しくsajiさんのところへも
お邪魔はするものの読み逃げしてます。ごめんなさい。
いつもおいしそうなもの満載で見ているだけで
太ってしまいそうです。(笑)
特にアップルジュレ。ゼラチンを使わないであんなに
うまく固まるの? ぜひ一度作ってみようと思います。

ところで最近自転車運搬用の素敵な棚がついた自動車を
見かけませんが休眠中ですか?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/343-ef1001af

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。