キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

女房の悩み

親父と女房のたった一人の姪が結婚することになりました。
姪は23歳。我が家の末っ子よりも3歳も若い。
しかもびっくりした事にお相手は37歳、東大出の市会議員。
東京の大学にいっていたときバイトで選挙のお手伝いをして
知り合ったとか。
いいのか?そんなおじさんで?とおもわず思ってしまった(笑)
挙式は秋に明治神宮で行われることになり、我が家の娘達も
振袖を着ようか、ドレスにしようかと賑やかである。

ところが女房、頭を痛めていることがある。
おじいちゃんをどうしようかと悩んでいる。
東京までは遠い。最近特に足がおぼつかなくなってきているのに
行けるだろうか?
電車で行くと途中何度か乗り換えなければならない。
乗り換え時の時間に余裕がなければ慌てて転倒などの事故に
なるかもしれない。 
バスなら階段の上り下りはないが8時間あまりの長旅はお年寄りには
堪えるに違いない。
飛行機が一番楽だが羽田の出発ロビーから搭乗口までの距離を
考えるとおじいちゃんの歩行速度ではどれだけかかるやら。
もちろん動く歩道などには乗せられそうもないし…。
連れて行くのがとても億劫に思えてきた。

いろいろ考えているところへ東京に住んでいる友人が
ひょっこり帰ってきたので愚痴ると

「車椅子を借りればいいじゃん。」

とあっさり言われた。
なるほど!
さっそく親父に提案すると

「車椅子なんて簡単に言うなよ。
 自分ではしっかりしているつもりなのに車椅子なんぞに
 乗れと言われたら、親父のプライドが傷つくかもしれん」


さすが息子!
まわりから若いの元気だのと言われているおじいちゃんだから
車椅子などと言ったら怒り出すかもしれない。
ではどうすればよいのやら?

「そんなに急がんでもまだ半年近くある。
 その間に本人が行けんと悟るかもしれんし。」


親父にそう言われてしばらく様子を見ることにした。
すると女房達の話を聞いていたのでは?というようなタイミングで
おじいちゃんが式に出席しないと言い出した。

「なんでよ。 Mちゃんの晴れ姿しっかり見て
 おばあちゃんに報告してあげんと」


と言っても頑として行かないと言う。
どうやら先日水墨画サークルで「なばなの里」へ行ったものの
園内の移動でこりゃだめだ…と思ったらしい。
とりあえずホッとしたものの今度は一人残していくおじいちゃんの
食事をどうしたものやら。
連れて行くのと残していくのとどっちが楽だろう?(苦笑)


にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

う~ん

>連れて行くのと残していくのとどっちが楽だろう?(苦笑)

レンジで温めるだけの食事を作っておでかけ~
と言うわけにいくのでしょうか?
何かと心配ですね。
いっそ、ヘルパーさん、というわけには
いきませんよね。

それにしても、おめでたいお話です…
年の差など、どうってことないですよ。
最近の女性は強いですから。

う~ん。おじいさまも自分の体力を考えて決断されたのでしょうか。

お一人だけ残して東京に行くのは心配ですね。
ショートステイもお嫌なのかしら。

う~~ん・・・

ホントにね・・・連れてってあげたいけれど、遠いからね・・・
おじいちゃんも考えちゃうよね。。
残してゆくのも・・・難しいことですな。。。

セカセカさんへ

暑い時ではないのでご飯はおでんとカレーを
作っておけばいいかなと思っています。
でも出来る事なら連れて行ってあげたいのですが
空港は車椅子などでクリアできても明治神宮の
砂利道は難しいかも…
直前までいろいろ考えてみます。

tenchanさんへ

自分で元気だと思っているお年寄りほど
厄介なものはありません。
弟から最初に報告があった時、思わず
おじいちゃん歩ける?と訊いてムッと
されたのですが…
最近は体の衰えをちょっぴり自覚するように
なったのですがそれでもヘルパーやショートステイなどと
言ったらどんな顔をするやら。
それ以前に介護認定を受けませんよ。(苦笑)

すずめさんへ

ほんとに難しいです。
連れて行ったことが元で悪くなっても困るし。

私達から連れていかないと言ったのではなくて
本人が行かないと言ったことに正直なところ
内心ホッとしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/334-777f4e0e

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。