キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

笑い話

夏頃から夜中に何度もトイレのために目が覚めるとくどいていたおじいちゃん。
10日ほど前でしょうか

「11月5日に前立腺の手術をするわ」

と医者から帰ってきました。

え~~!!! 


じつはめったに旅行にも行けない女房、たまたま6日にサークルの仲間と
大江戸温泉へと鞍替えした山代温泉の代表的旅館山下家へ泊まりに
行くことになっており(歩いて3分ですが)非常に楽しみにしていたのです。


そんなこちらの事情も知らず

「2日くらいは付き添いがいるそうな」 

「ずっと寝てなあかんからご飯も自分で食べられん」 


と好き放題言っている。
今はどこの病院も完全看護だし最近は胃の手術をしても次の日には
歩けるんやってと言ってもきかない。
仕事も忙しいしずっとは付いていられないと言っても付き添い用の布団も
持ち込まんとと一人で算段している。
結局叔母(おじいちゃんの妹)に頼むかと言うことになったが
その後どこで聞いてきたのか

「次の日の昼ご飯からベットに座って食べるらしい」

となんとか納得した。


「とにかく私は宿泊するから」

と宣言し、7~8日同年の友人達と大阪へ旅行をする予定だった親父には
キャンセルしてもらった。


そしていよいよ4日、入院の日。
朝も早よから玄関に大きな荷物を並べて旅行気分のおじいちゃん。
10時前に病院へ着き看護婦さんから軽い問診を受ける。
入院のための書類などを机の上に並べていたが、お薬の手帳を見た看護婦さんが
怪訝そうな顔をなさる。

「このお薬はいつから飲んでますか?」

「袋の日付どおり10月24日から」

「と言うことは1週間以上ね。」

何かいけないことでもあるのだろうかと思いながらも3階の病室に案内され
持ち物をキャビネットなどに片付ける。
手術後にT字帯がいると言うので1階の売店まで買いに行き戻ってくると
さっき病室着に着替えていたおじいちゃんがまた着てきた服に着替えてる。
まるでビデオを巻戻して見ているみたい。

? ? ?

「家に帰るぞ」

? ? ?

聞けばさっき看護婦さんが訊かれた薬は血液をサラサラにする
バナルジンという薬で手術前には飲んではいけないもの。
他の薬は薬局で処方されたものだがその薬だけは整形外科で直接もらっていて
診察時おじいちゃんが申告するのを忘れていたのだ。


かくしておじいちゃんの入院は30分で終わりました。(苦笑)
手術は1週間伸びたそうです。



疲れた・・・





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

いろんな薬を飲んでると

申告漏れですか~。
脱税した訳じゃないですから、
笑える話で良かったですが
振り回された女房さんは、お疲れですね。

歩いて3分の旅行でも、楽しみにしていたものは
止められません。実行できました?

でも、一週間後にはまた入院ですよね。
無事終わりますように。
女房さんにお疲れ出ませんように。

でも、薬のことがちゃんとわかっていて
よかったですね。

そのまま手術に突入していたらと思うと
ぞっとしますね。

ホントですよ~(-o-;)

かえって看護師さんが気がついて良かったですよ~
そのまま手術してたら大変でした。

それにしても
あっさり入院準備のお爺さん、肝が据わってます~^^;
早く1週間後の手術が終わって、ゆっくり寝れるようになるとイイですね。

女房さんも楽しんで来て下さいね~
お土産話待ってますよ^^

こちらはあまり手のかからないお姑ですが、お気持ち痛いほどよーく分かります。
お爺さま、いかにポケッと女房様を頼りになさっているかが良く分かります。
さぞ、後ろ髪を曳かれてのお出かけだったことでしょうね。 次回は大手を振って行けますように。

これはこれは・・・

大変でしたね・・・
お年寄りはいろんなお薬飲んでるから、自分でもわからなくなってるんだと思います。
でも自分で手術を決めてくるとはしっかりしたおじいちゃまですね。
なんといっても女房さんを力にしてることがわかります。
楽しみにしていた旅行は行けたのですか?

セカセカさんへ

おじいちゃんの手術、出血が多くて術後もう一度
麻酔をかけて処置するという大事になりましたが
何とか無事終わりました。
結局叔母さんに付き添ってもらいましたが正解でした。
疲れがたまっている私では麻酔で寝ているおじいちゃんより
熟睡して付き添いの用をなさなかっただろうから(笑)
ひとまずヤレヤレです。

tenchanさんへ

おっしゃるとおり事前にわかってよかったです。
手術後の出血が多かったのでもし先週お薬の申告漏れのまま
手術していたら…と思うとぞっとします。

何はともあれヤレヤレです。

saji さんへ

お泊りにもしっかり行ってきましたし
おじいちゃんの手術も何とか無事に終わり
ホッとしています。
今回いろいろなことが全部重なっていたので
ほんとしんどかった~
日曜日の婦人会バザーさえ済めば自分の
したいことが存分に出来ます♪ 
何しよっかな~♪

totto さんへ

tottoさんもお母様に振り回されることが
おありなのかしら?
私の気持ちをわかっていただいてうれしいです。

30年余り一緒に暮らしてきたので今ではあまり
気を使わなくていい舅です。
その代わり我儘もいっぱい言われますが…
友人におじいちゃんとのことを話すと
「ほんとの親子みたいね」
とよく言われます。
おまけに親父は外ではあまり喋らないので
他人から見るとおとなしく見えるようで
「ご養子さん?」
ともよく訊かれます。
これは喜ばしいことなのかな?

すずめさんへ

ほんと大変でした。
呆けてもいないし年のわりには若く見えて
元気すぎるので(これが返って困りものですが)
つい油断してしまうのですが、こんなことがあると
やっぱりお年寄りなんだと再認識させられます。

とりあえず旅行?にも行けたし手術も終わったし
ヤレヤレです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/310-bd61ed33

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。