キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

大失敗で~す

昨年ハーダンガー刺繍に引かれ衝動買いしたキット
自分では大満足の出来だったので、気を良くして2作目に
取り掛かったものの、身の程知らずというかあまりに
大作に手を出してしまったために途中で飽きてしまい
永くお蔵入りしていたものを最近また引っ張り出しました。

ハーダンガー 2


やっとレースのように見えるかがリをはじめられるとワクワクしながら
それでも失敗しないように緊張して織り糸を切っていたのに
やってしまいました。

ハーダンガー 3

 わぁ~ん どうしよう? 私が持ってる
ハーダンガーの本にはこんなときの対処法は載ってないよぅ。
(それにしても相変わらず糸の切り方が汚い!)




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

刺繍

ハーダンガー刺繍なるもの、本当に細かいですね。
糸が切れてしまって、あ~あ、残念。

でも、こんなに綺麗に出来てるのだったら
私なら大目にみますよ。だって、すごいもん。

飾っておくだけなら、触らないようにすれば
そのまま、持つのでは?
何かの敷物にされるなら、糸の切れたところに置いて
隠せると思うけど…

素人の浅はかさ、私の案は役に立ちませんよね~。
これにめげず、また作って発表してください。
気晴らしに、他の物を作ってみてもいいのでは?

ありゃー、お察しいたします。

なんとかしてその切れたところを繋げないものなんでしょうかねぇ。 この1本の為に・・・・。
よい方法が分かる事祈っています。お役に立てなくてごめんなさい。

セカセカさんへ

残念ながら織り糸を抜いてもまだまだ終わりでは
ないのですよ。
これから残った織り糸を刺繍糸でかがる根気のいる作業が
続きます。 切れてしまった糸をうまくかがってごまかせれば
いいのですがまだ技術がそこまで到達していません。(涙)
何とか頑張って仕上げてアップしますね。 
でもセカセカさんの記憶から消えている頃かも…(笑)

totto さんへ

やってしまいました~(笑)
この後残っていた部分の糸も抜いたのですが
この時も1本ちょん切りました。
ハーダンガーは私の性格に合わないのかと
しばらく落込みましたがこんなことでくじけては
いけないとまた頑張ってます。
私にとって技術が向上するってこういう失敗をうまく
ごまかせるようになることかもしれない…(笑)

あぁ~・・・お気持ち、お察しします。
切ってはいけない織り糸を切ってしまった時の、ヤバッという感じ・・・
もうブルーですよね・・・・完全に凹みます。私も経験者です(-_-;)
でも、ここで投げ出しては勿体ない!! なんとか乗り気ましょう!!

修正を し易い場所だと思うので・・・私だったら・・・

同生地の端をほどき、織り糸を1本 用意します。

※作品に支障のない場所で、15~20cmの織り糸を 1本 抜きます。

1. 切ってしまった織り糸・・・反対側も切り、織り糸を抜いてしまいます。

2. 生地の端から 新たに用意した織り糸を 針に通します。

3. 刺し始め/サテンステッチの中(裏側)を通して、織り糸をだす。

4. 出した織り糸は、針を使い、織り糸の中をくぐらせる。本来あるべき織り糸を復元。

5. 刺し終わり/サテンステッチの中(裏側)を通して、織り糸を始末する。

文章だと説明しづらいのですが・・・伝わったでしょうか?
よろしければ お試しください♪ 完成を楽しみにしています(*^^*)

ひとみさんへ

いつも読み逃げばかりしているのに適切なアドバイスを
いただきありがとうございます。
とてもよくわかりました。 ちょん切った糸は
あっさりあきらめて新しく1本渡せばいいのですね。
どうしたらいいのだろうといろいろ試しているうちに
織り糸がぼけぼけになってしまい途方に暮れていた
ところでした。
ひとみさんにこんな不出来な作品を見られるのは
とても恥ずかしいのですが、これからも少しでも
綺麗にできるように頑張りますのでまたアドバイスを
お願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/301-a7bc9cef

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。