キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

離婚

離婚のメリットを考えてみた。
好きな時間に起きて好きな時間に寝られる。
毎日自分の好きなものを食べられる。
誰に邪魔されることなく読書をしたりテレビを見たり。
行きたいところへもいつでも行けるし
その間の家族の食事の心配も要らない。
なにより誰はばかることなくおならが出来る(爆)
亡くなったポケッと女房の母は
「乞食と一人暮しは3日やったら止められない」
と言ってよくみんなを笑わせていたっけ・・・
きっと気楽だったんだろうな~

ではデメリットは?
なんと言っても生活費だろうな~
年金なんかじゃとても食べていけないだろうし
50歳過ぎると雇ってくれるところも限られてるし
独居老人お断りってアパートもある。
お金も住居もままならなくて気楽になんて
暮らせないよね。

もしこれらのことがクリアされても
ポケッと女房にはまだひっかかりがある。
離婚を考えた時、真っ先に思い浮かべたのは
子供の頃のことだった。
幼い頃に父親が病死したためポケッと女房は
母一人子一人の家庭で育った。
母はキャリアウーマンで役職だったため
帰りはいつも遅かった。
夏はまだしも冬の寒い日は、夕方明かりのついた
見るからに暖かそうな家に帰る友達がとても
羨ましかったっけ。
鍵を開けて暗い玄関で「ただいま~」と言っても
静寂はやぶれない。
寒々とした部屋にはもちろんこたつもストーブも
点いていない。
おいしそうな夕餉の匂いもしない。
離婚をして一人になるってことは昔に戻ることなんだ。
そう思うとどうしても一歩が出なかった。

離婚騒動の真っ只中、釣りきち親父は
「辛い思いも一杯させたけどいい思い出だって
同じくらいあるだろう?」
と何度も言った。
結婚生活30年の間に家族旅行(国内)5、6回。
決して思い出が多いとは言えないと思ったので
「片手にも足りん!」
とその時は言ったが、気持ちが落ち着いてくると
いろいろ思い出してきた。
しかも旅行に行ったとか何かを買ってもらった
とかではなくほんとに些細なこと・・・
女房が作ったアップルパイを
「おいしいやろ。 女房が作ったんやで」
と従業員に勧めていたとか
出張帰りに女房が発売日を心待ちにしていた本を
買って来てくれたとか
半額以下で買った洋服を正札のまま見せたら
「常識ってもんがあるだろが・・・」
と文句を言い、長女に
「ママが綺麗になるんやったら金に糸目は
つけんて言うたやんか」
と叱られたとか毎日普通に起こってることばかり・・・
幸せってこんな何でもないことなんやな~

ポケッと女房は欲張りだからもっともっといい思い出
一杯欲しいし一人になりたくないし
やっぱり離婚はしません!!




bloking ブログランキング【Bloking】へ
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/30-e56884f8

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。