キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

本日の思考は支離滅裂です

先日お知り合いのご主人が亡くなりました。
まだ63歳、肺がんだったそうです。
このご夫婦、10年ほど前まではブティックの経営者でした。
私の通勤途中の交差点に近いところに店があり、信号待ちの間
いつもウインドーショッピングしていました。
ブランド品ではないけれど値が張る商品ばかりだったので
私は2~3回ほどしか利用したことはありませんが
ご夫婦ともとても気さくで冷やかし客だとわかっていてもていねいに
接客してくださったし、スーパーでお会いしても声をかけてくださいました。
ところが景気がおかしくなってきた頃、ご主人の弟さんの会社が倒産し、
保証人になっていたため、お店も自宅も全部失くしてしまわれたのです。
昨年久し振りに奥様に会って「どうしていらっしゃるの?」とお聞きしたら
「借金の額が”億”なのよ。 どう頑張ったって返せるわけないわよね。」
と寂しげに笑っていらっしゃった顔が今も思い浮かびます。
それでもお二人で一生懸命働いていらっしゃったのになんてひどい運命
なんでしょうね。

人の幸、不幸は心の持ちようだと言われます。
人から見てどんなに不幸だと思われても自分が満足していれば幸せと
言えるし、反対に誰より幸せそうに見えても自分は不幸だと言い張る人
もいます。
でも運命にはどんな風にしても逆らえません。

もう1組、友人のお姉さんの運命ですが・・・
若くして結婚なさったのですが子供ができませんでした。
それでも夫婦仲良く暮していたのに、まわりからのプレッシャーが強く
不妊治療も受けたもののうまくいかず結局結婚10周年を待たずに
離婚されました。
その後再婚されたお姉さんはすぐに女の子を授かりました。
それで不妊の原因はやっぱり元ご主人のほうにあったのだと
みんなが思っていました。 ところが偶然会った元ご主人も
同じくらいの月齢の子供を抱いていらっしゃったのです。
お姉さんと同じ頃再婚されすぐに子供を授かったと。
二人の間に子供さえいれば苦しみ悲しむこともなかったのに
運命っていったい何なんだろうと思ってしまいます。

宝くじが当たって生活が一変する運命の人もいる。
大災害の中で九死に一生を得る運命の人もいる。
大なり小なり運命に翻弄されながら私達は生きています。
この運命を決めているのは誰?
運命に打ち勝つ方法は?



にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

う~ん

難しいですね。運命に打ち勝つ方法…
これは、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び
受け入れるしかないような…

それにしても、二つとも理不尽な出来事ですね。
億単位の借金など、まず返せません。
自己破産するよりない、そこで笑っていられるのか?

そして仲の良い夫婦に子供がいなかったばかりに
離婚… まったく本人たちのせいでもなかろうに
周囲が村社会でなければ、うるさくなければ
ふたりは傷つかずに済んだものを。
でも、子供が授かる方が離婚よりマシなのか?
わかりません。

神も仏もないものか、もう宗教っぽくなってきます。

ポケッと女房さんが、なぜかお疲れのような気がします。周囲に辛い出来事が見えすぎますね。
そんな、役回りになっているのでしょうか? でも、ポケッと女房さん自体に起こった出来事ではないのですから、そう割り切って、美味しい物でも食べて、ゆっくり休んでくださいとしか言いようがないです。
あまり他人に感情移入すると、疲れますよ。

人生は十人十色…

女房さんのおっしゃる通り、運命はそれに対峙した人間の気の持ちようで、
全く違うものになると思います。
幸せの概念も、健康、人間関係、金銭etc
住んでいる地域、町、県、国…と範囲を広げて世界と比較して考えてみれば、
何が幸せなのか改めて考えさせられる事柄も多いです…。

私は、とにかく健康で人に迷惑かける事なく、3度の食事をほどほどに食べれて、
日に1度でも家族と笑って過ごす事が出来たら幸せかなぁ。
私がこの世からいなくなっても世界は何も変わらず時を刻んでいくんですから、
生きている間は精いっぱい人生を楽しもう!それだけですね~

それぞれの

知ってる方が亡くなられて、気持ちが重たくなっているのでしょうね。。。

人それぞれに違うと思うのです。
たとえば、子供がいるがゆえにご苦労されてる人達もいれば
子供がいなくても二人寄り添うように暮らしてる老夫婦もおりますし、それぞれだと思います。

側から見れば、なんて可哀想にと思えても、意外と幸せに思ってるかもしれないし、
幸せに見えても、家の中は修羅場だってこともあるし。。。

セカセカさんのおっしゃるように、ポケッと女房さん、お疲れのように思います。

私もそういう時期がありました。
ブログとワンコと花達に助けられましたけれど。

もうすぐ梅雨も終わり、夏がやってきます。
それまで心を休ませてみてください。



セカセカさんへ

セカセカさんのおっしゃるとおりです。
他人事にあまり感情移入すると疲れますね。
でもほんとに素敵なご夫婦だったんで
悔しくて… 
運命を呪いたくなります。

saji さんへ

まだまだお若いsajiさんが

>私は、とにかく健康で人に迷惑かける事なく、3度の食事をほどほどに食べれて、
日に1度でも家族と笑って過ごす事が出来たら幸せかなぁ。
私がこの世からいなくなっても世界は何も変わらず時を刻んでいくんですから、
生きている間は精いっぱい人生を楽しもう!それだけですね~

このように考えていらっしゃるのには感心します。

「幸せのはひふへほ」をご存知ですか?
は・・・半分で良い
ひ・・・人並みで良い
ふ・・・普通で良い
へ・・・平均で良い
ほ・・・ほどほどで良い

アラ還になってもまだまだこれでは満足しきれない私に
嫌気がさしてます。

すずめさんへ

誰もが経験する気持ちなのですね。

すずめさんはブログとブーちゃんとお花に
助けられたのね。 私は何に助けてもらおうかな?
ニャンズ? 畑の作物? チクチクの製作物?
親父??? これだけはストレスの種ですわ…(苦笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/296-1d3c1904

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。