キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

水谷 修氏の講演会

昨夜、夜回り先生で有名な水谷修氏の講演を聴きに行きました。

現在の子供達の問題は細分化され

1. 非行
2. 不登校・引きこもり
3. 薬物使用
4. リストカット

の4つに分けられるがどれも大人社会のイライラが子供達にぶつけられ
自分の存在価値を認めてもらえない子供達の逃げ込む場所になっているという。
水谷氏の言われる夜の世界(問題を抱えること)からせっかく昼の世界に
子供を返しても受け入れる場所が変わらなければまた夜の世界に
返ってきてしまう。
親でなくても祖父母でも親戚のおじちゃんおばちゃん、近所のおじちゃん
おばちゃん、誰でもいいから子供達にそっと寄り添い優しい言葉かけや
長所を褒めるなどしてあげれば問題が解決することも多いとのこと。

思い出してみれば女房が子供の頃は隣近所の付き合いがとても密で、
悪いことをすればもちろん叱られたけどお遣いに行けばお店のおじちゃんが
「お遣いかい。 偉いねぇ」
と褒めてくれ、玄関を掃いていると向かいのおばちゃんが
「お手伝いしてるの? おばちゃん手伝ってあげるよ。」
と言ってくれ、終わった後にはご褒美に飴玉をくれたりした本当に
暖かい世の中だったと思う。

今は人に話しかけるのさえ勇気がいる。
良かれと思ってしたことでも大きなお世話と言われることさえある。
親切を素直にありがとうと言える世の中を作らなければ子供達は
どんどん荒んでしまう。
子供の手が離れた女房の世代ももう関係ないと思わず関わっていかなければ
いけないと改めて思いました。

それともう一つとても心に残ったこと。
水谷氏はこの世から携帯電話とインターネットとゲーム機が無くなれば
子供の問題はずっと減ると断言されました。 
そして
「3歳の子に何も教えずに包丁を持たせますか?
危ない物、人をも自分をも傷つける物とよ~く教えてから持たせるのに
何故携帯電話は何も教えずに持たせるのか?」

という質問を投げかけられました。
非行や犯罪につながる有害サイトが取りざたされている昨今、
親にもそれぞれいろんな事情はあるにせよあまりにも子供の要求を
安易に聞き入れすぎていると水谷氏はおっしゃっていました。
そして
「子供を生めば必然的に親になるのではない。
親も勉強したり努力してはじめて親になれるのです。」

とも言われました。
この言葉女房の胸にず~んと響きました。

皆さんはどうですか?




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

ごもっとも!

私が長男を産んだときは、24歳でした。
子供が子供を産んだようなものでした。

試行錯誤の子育てで、ドサクサ紛れで終わりました。
それでも勝手に出て行ってくれました。

今の子供が育つ環境は… ご近所で聞いても
怖いことが多いです。友人の息子さんも引きこもりで
昼夜逆転、ネット漬けの日々…一切外に出ず
精神安定剤と睡眠薬での生活。すでに24歳。
これ、都会の話しじゃないんですよ。
田舎の、田植えをするような家でも
こんな現実です。人ごとじゃないって!

水谷先生の本を読んだ事があります。
この方、何時お休みになるのだろうと思ってしまいます。
薬物が 有名大学にも蔓延っている事にショックを受けています。 
小学生の時 知らないおじさんから「眠くならない飴あげようか」と言われ、走って逃げてきた 浪人中の我が息子、お友達に誘われたら、果たして 断る勇気があるだろうか? お外には誘惑がたくさん。怖い事もたくさん。 
そして、ちゃんとお仕事に就けるのだろうか?
親は いつまで経っても心配の種は尽きません。

そのとおり!

「子は親の鏡」と言いますから子供を見れば親がだいたい分かりますよね。
やはり親は子供を一人前の大人に育てる為、親になるべく勉強しなければならないのは必然ではないでしょうか。
お友達親子。
一見仲良さそうで良いように思いますが、子供を叱れない親に多いそうです。
子が親に対する尊敬を失い、親の威厳も保てない状態になる恐れも。

そんなお友達親子である私の友人も娘さんが不登校になり、今は全く手に負えない状態になってしまっています。
親が変われば子も変わると思うのですが…
親が変わるっていうのが、なかなか難しいようです。

セカセカさんへ

セカセカさんよりうちの子育てのほうがめちゃめちゃです。
仕事と家事に追われ友達もおらん、姑との軋轢もある。
愚痴をこぼそうにも親父は毎晩出歩いてる。
当然子供達に八つ当たり。
それなのに子供達はまっすぐに育ってくれほんま感謝感謝です。
私はまだまだ勉強の足りない親です。

totto さんへ

水谷先生、さぞかし無理を重ねられたのでしょう。
ご病気だそうです。 それでも子供達のために
元気に話をしてくださいました。

薬物の話、会場に来ていた中高生に先生が
「薬物を売っていることや実際使っているのを聞いた子
いるか」とたずねられるとおずおずと手を挙げた子が
何人かいたのでビックリしました。
世の中何かが狂ってますね。
親は今まで以上にしっかり子供を守らないといけませんね。

こんにちは

はじめまして。また、きます。

saji さんへ

あ~聞いたことあります、お友達親子。
トラブルが起こると子供は親と対等だと思っているから
コントロールも修復も難しいそうですね。
携帯やインターネットなど非行の温床の中で子育てなさっている
現代の親御さん達ほんとに大変だと思います。
昭和末期に子供を生んどいて良かった!

ミカンさんへ

はじめまして~
ご訪問ありがとうございます。
日々の暮らしや思ったことをウダウダ書いています。
いつでもいらしてください。
お待ちしてます。

耳が痛い・・・

本当にそうですね。
私は、子供を育てていて戸惑う事ばかりです。
いつも、これでいいのか?
もっと、こうした方が良かったのではないか?
と、迷いと後悔ばかり・・・。
世間から良い親だと思われる事より、子供達にとって良い親になりたいです。

ぱやこさんへ

この大変な時代に子育てをなさっているぱやこさんの
ご苦労、並大抵のものではないと思います。
戸惑ったり後悔するのは当たり前です。
でもそれもみんな妖精ちゃんやこやじくんのことを思ってのこと。
大きくなったらきっと「お母さんは最高!大好き!」って
言ってくれますよ。
ぱやこさんなら大丈夫! 頑張れ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/260-ba825b1e

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。