キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

親がしなければならない事

先日茨城県水戸市で中学3年と2年の男子生徒が計15羽のハクチョウを
木の枝で殴って死なせた。
動機は「羽を広げて抵抗する鳥を殺すのが楽しかった」からだそうだ。
ただただ唖然としてしまう。
15年もの間親は命の尊さを教えることがなかったのか?

親の顔が見てみたい。
子供が悪事をはたらくとよく口にされる言葉。
我が家の子供たちが未成年の頃女房はいつも考えていた。
もし我が子がよからぬことをしてしまったら女房は親だから
子供と一緒に、または子供に代わって責任を負う。
でも親が子供の悪事の責任をかぶってやれるのはいつまでなんだろう。
成人してしまえば子供本人が
「常識のない人」
「礼儀知らず」
「人非人」
などと非難される。
女房は我が子がそんな風に人に嫌われたり疎まれたりするのは
絶対いやだと思い、かなり厳しく育てたつもりだ。
今なら虐待と言われるだろうがほっぺもお尻も叩いた。

子供を叱ることは難しい。
へたをすれば子供に嫌われてしまう。
子供を叱りながら女房はいつもこの恐怖を抱いていた。
我が家には義父母がいたので女房が叱ることによって
そちらに逃げてしまうのではないか・・・
(実際に義母は子供達に「鬼のような母親と一緒にいてはいけない」
と言っていた)
それでも我が子の将来を考えると叱らないわけにはいかなかった。
叱りながら子供と一緒に泣いたこともあった。
でも何より子供たちが大切だった。

若いお母さん達を非難するつもりはないが
子供達の将来をもっと考えてあげて欲しいと思う。
たとえばわが町では冬の下校時間になると小学校や中学校の前に
ずらっと車の列ができる。
寒い中を歩かせるのがかわいそうだという親心もわからないではないが
子供たちから大切なものを奪っていることに気付いてほしい。
下校時間は子供同士が親交を深める時間。
道端の草や昆虫などの身近な自然に触れる時間。
雪道を転ばないように歩く訓練をする時間などなど・・・
想像以上の大切なものを得る時間なのだ。
可愛いから、可哀想だからと構うのは結局親自身のため。
親の気持ちを満足させるためだけもの。
子供には何のためにもならない。

次々に起こる少年事件の加害者にさせないためにも
大人になって忌み嫌われる人間にならないためにも
教えなければならないことは心を鬼にして
きっちり教えて欲しいと思います。



にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

同じ考えです

文章を書くのがお得意のようですね。
また、お伺いし勉強させていただきます。

いや、まったく…

>女房は我が子がそんな風に人に嫌われたり疎まれたりするのは
絶対いやだと思い、かなり厳しく育てたつもりだ。
今なら虐待と言われるだろうがほっぺもお尻も叩いた。

私も叩きましたよ。子供にしたら、きつすぎるか
と思うくらいのこともあったと思います。
子育てをやってる最中はオニババアになることも
ありました。

その結果、育った子供は…すみません。
警察沙汰さえ起こさねば良いかと思っております。

セカセカさんへ

うちの子供達も全く同じですわ。
まあ毎日真面目に働いているだけで良しとしよう♪
と言った心境でしょうか。
渦中は髪の毛を振り乱してカッコ構わず必死でした。
今ならもうちょっと余裕を持ってもっといい子が
育てられるかも…?

今の時代は・・・

多少、いや結構貧困でも子供は自分が育てたいと、私はずっと家におりました
目の届く限りは自由奔放にさせて、泥だらけになろうが、傷を作ろうがほっときました
鬼のよう怒ったり、笑ったり、泣いたりしてきました
今は、同居の祖父母がいても学童保育に行くんですよね・・・
なんでなのかな?・・・私はわからないのですが・・・

すずめさんへ

えっ? おじいちゃんやおばあちゃんがいても
学堂保育へ?
やっぱり義父母に見てもらうのは嫌なのかな?
かくいう女房も若い頃は義母に見てもらうのは嫌でした。
子供への影響とかではなく義母に借りが出来るようで・・・
でもどうしても頼まなければならない時は頼みましたよ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/224-53241f33

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。