キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

旅立ち

24日は息子の大学院の卒業式。
夜、後輩から贈られた花束を手に帰ってきました。 
「まるで定年退職の親父みたいね」
って思わず笑ってしまいましたが。

卒業式の花











花を生けると
必ず登場するこやつ


そして一昨日、息子は大阪の新居へと向かいました。
半月ほど前には
「おれ、もう帰って来んし」
と憎まれ口を叩いていた息子も駅へ向かう車の中で
女房が小さな子に言い聞かすように
「挨拶をちゃんとするんよ」
「朝ごはんは必ず食べや」
「人に迷惑かけるんやないで」

などと言うのを苦笑いしながら黙って聞いていました。
8年前高校を卒業した息子を同じように大阪へ送り出すとき
もう同じ屋根の下で暮らすことはないかもしれないと思い
息子に隠れて1週間泣き続けました。
それが神様のご慈悲かまた2年も一緒に生活できて
充分満足したし、しっかり免疫は出来ていると思っていたのに
やっぱり駅からの帰り道泣いてしまいました。

田舎の大自然の中で子育てができることを幸せだと思ってきました。
先輩ママからは
「都会の大学へ出したら子供は戻ってこないからね」
といつも言われていましたが、うちは3人とも女房の故郷大阪へ
進学したので戻ってこなくても平気と思っていました。
たかが電車で2時間ちょっと。 いつでも会いにいけるし。
でもそんな簡単なことじゃなかった。
毎日顔を見て暮らせる幸せ。 
たわいないことを会話する幸せ。
健康を気遣ってやれる幸せ。
何でもないことがどれだけ幸せなことだったか
今になってやっと気付いている女房です。






にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

おめでとうございます

と言っていいのかどうか・・・
今度は、就職で大阪へ行かれたのですか?
子供が独立するなんて、私にはまだまだ想像できませんが、弟が東京の大学へ行ったとき、とても寂しかったのを思い出しました。
弟でもあんなに寂しかったんだから、子供だったら・・・と、思うと女房さんの涙が理解できます。
また、一緒に暮らせる日が来ると良いですね。

涙をこらえて読みました。

これでいいんだ、嬉しいことなんだと言い聞かせつつ、
寂しさがセットでついてくる子育て。
本当に切ないです。

あ~わたしは

息子を手放したことがないです。
大学も就職も地元だから・・・
娘も地元の大学で地元就職。転勤したときは寂しいな、と思ったのも一瞬で毎週のようにかえってきてたし・・・
そうですね。心配してやれるのも幸せですね。
離れてると心配しても仕方ないし、「便りのないのが無事な証拠」とおもいきらなくっちゃやってられませんよね。
息子さんに幸多かれ!

ぱやこさんへ

ありがとうございます。
寂しくなった代わりに毎日車で通学していたので
帰ってくるまで心配で寝れませんでしたが、今はぐっすり!
ごはんもおかずの品数が減って親父はえこひいきやと
ブツブツ言っておりますが私は楽しております。
この調子ではまた肥えるかも…

あつさんへ

コメントありがとうございます。
しばらくは寂しいでしょうがすぐ慣れると思います。
かって自分がしてきたこと(一人っ子のくせに母親一人残して
遠方へ嫁に来る)を 母の立場で体験し、ちょっと反省もしています。

あつさんの息子さん達が独り立ちなさるまでには
まだまだ時間がありますね。
特に“ソファで見つけた変なひと”(笑)はこれからますます
楽しみが増えそう♪
ブログを拝見しながら女房も楽しませていただきます。

まーめさんへ

ずっと一緒に暮らせるって幸せなことじゃないですか。
若い頃はそれが当たり前って思っていましたが田舎では
子供が独立したら夫婦2人世帯が今や常識です。

「便りがないのが無事な証拠」 その通りですね。
毎月生活費のSOSがないことを祈ります。

おめでたいことですよ

息子二人は2年前に、綺麗サッパリ出て行きました。

あのね、楽ですよ。電気代は浮くし、食事の支度は
二人分で済むし、いつも見てたら文句のひとつも
も言いたくなるしね。
とにかく健康でいてくれたらいいですわ。

親子はたまに出会って、「おっ、生きとったんか」
と確認できれば。

>何でもないことがどれだけ幸せなことだったか

これは、至言ですね。

セカセカさんへ

おっ!復活ですね。
もう眼の調子は良くなったのですか?

>親子はたまに出会って、「おっ、生きとったんか」
と確認できれば。

娘達とはずっとこんな感じですが女房にとって息子は
やっぱり少し違うようで…
今朝も入社1日目から遅刻したら大変と思い7時過ぎに
電話したら留守電になってる。
すぐに折り返しかかってきたのはいいけど
「何?」と聞くので「入社初日から遅刻したらいかんと思て」と
言うとプツリと切られてしまいました。
ま、何事かあったんかとかけなおしてくるだけ可愛いですかね。

おめでとうございます

おめでたいことはわかっていても寂しいものですね
愛おしくて痛ましくて、たまらないです
以前、「可哀想で・・」と言ったことがあって、そしたら主人に「自立しょうとしている息子を可哀想と言うな、立派じゃないか」と。今はいつでも帰ってこれる家を守ることだと思うよう事ににしました

すずめさんへ

ありがとうございます。
日が経ってくるとヤレヤレ…という気持ちもわいてきています。
何せ息子は2つ大学を出したようなものだったので
やっと授業料から開放された、バンザーイ!って感じ。

そうですね、いつでも帰ってこれるようにしておいてやらないとね。
お掃除頑張ります。(汗)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/211-40394e95

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。