キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

見つかった? ライフワーク

40歳も過ぎて子供に手がかからなくなった頃、中学時代の親友Kちゃんが、
自分の書いた「竹干し」と言う物語が「奈良の民話」に編纂されたので
機会があったら読んでと連絡をくれました。
Kちゃんの作品が本になった喜びとともに女房はすごいショックを受けました。
Kちゃんは昔から作文やイラストがとてもうまかったのですが、結婚後は
ずっと主婦業に専念しているとばかり思っていたのです。
ところが彼女はちゃんと自分がやりたいことを見つけて毎日目標に向かって
作品を書き続けていたのです。
それに比べ女房は同じだけの期間を炊事、洗濯、育児、家業手伝いにのみ使い
自分を磨くことなど考えて見たこともなかったのです。
何の趣味も特技も無い女房は、それからの長い人生にとても不安を覚え
取り返しの付かない失敗をしたような気持ちになりひどく落込みました。
ちょうど同じ頃、長女の大学の入学式で新入生の中に70歳くらいの方が
いらっしゃるのを見つけました。
女房よりもずっと多くの経験をしていらっしゃるだろうに、また新たなことに
挑戦なさろうとする姿にすご~く勇気付けられました。
今からでも遅ない!よし!今から10年かけて自分の好きなこと、
打ち込めることを見つけるぞ!


…と意気込みだけはよかったのですが、未だに何がしたいのか、
何をすればよいのかよくわかりません。
ただ、針を持つことが好きやということはわかってきました。
それで今月からリフォーム教室に通うことにしたのです。
先生はずっと洋裁と和裁をしておられ、綺麗な仕立てで有名な方。
子供服やかばんなど分からないところは洋裁経験者をつかまえては教えを請い
自己流でいろいろ作ってきた女房ですが、出来上がりにいまいち納得がいかず
この辺で本格的に習いたいと思っていました。
先生は病気でしばらくお休みされていましたが、5~6年前から教室を開いておられ
以前から行きたいと思っていたのですが、仕事中に抜け出るのが後ろめたく諦めて
いました。 でも女房の歳と先生のお歳(70歳前後)を考えると最後のチャンスかな
と思い親父にお願いしました。

そして第1回目作品がこれ。

20071201162526.jpg

2枚の正方形の布を縫い合わせただけで出来るティッシュカバー。
女房はミシンを使いましたがリハビリのために手縫いで作られた年配の方も
いらっしゃいました。 ボタンを留めてはい、出来上がり。

20071201162544.jpg

とっ~ても簡単でしたよ。 
角のきれいな返し方やボタンのつけ方まで丁寧に
教えてもらいもう嬉しくて嬉しくて…
「2回目からは作りたいものがあれば何でも持ってきていいですよ」
と言われましたが、裁縫初心者の方たちと一緒に帯でトートバックを
作ることにしました。
どんなバッグが出来上がるかワクワクしてます。




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

生きてる意味

そうなんですよね。
生活にあくせくしてる時期が終わると、「これでよかったんかなあ」とか考えてしまう。
自分の好きなものを見つけて、夢中になる・・・
これって幸せですよね。
女房さんのこれからのチャレンジを楽しみにしています。
ボチボチと頑張ってね。

わたしも!

今、よく思います。
今は、子供育ててて、自分の存在を感じていますが、子供が私の手から離れていったら、何したらいいんやろう?って。
とりあえず、自分のために使える、許された時間を有意義に使いたいと。
本当は、やりたい事あるんだけど、きっと夢で終わりそうです。
女房さんの、この作品とても素敵!
次の、帯で作るトートバッグ、どんなんなんだろうな~?
帯がもったいないような気もしますが・・・・。

ありすぎて・・・

あれもこれもと好奇心旺盛なのですが、振り返るとみんな中途半端・・・キルトだけは10年以上続いておりますが

まーめさんへ

自分の好きなことをお仕事としてずっと続けてらして
退職後もそれを生かしてボランティアをなさってる
まーめさんがとても羨ましい。
女房は嫁いだ時点で好きなことを仕事にすることが
出来なくなりましたから…。
まあまだ20年は生きるつもりですのでボチボチ
頑張りますわ。

ぱやこさんへ

ぱやちゃん、まだまだ若いから時間はた~っぷりなんて
思うてたらすぐに歳とるよ。
今のうちにじ~っくり考えて力つけといてね。

>帯がもったいないような気もしますが・・・・。
女房もそう思います。せやし帯はリサイクルショップで
安く買うた物で作りました。
昨日がお教室の日でもうあらかた出来ました。
来週で仕上がる予定です。
楽しみにしてて!

すずめさんへ

キルト10年もしたはるんや~
それだけで尊敬!やわ。
女房もいろいろやってみましたがどれもしっくりいこない。
お金と暇が無いのですべて自己流というのもしっくりこない
理由の一つなんでしょうけど…
この歳になってやっと習い事らしきことができて
本当に楽しいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/186-2b634c6e

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。