キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

長男

お隣のご主人が亡くなった。
2年前に舌癌と診断され、何度か入退院を繰り返され
今年初めの最後の手術では舌を全部摘出されて
どこかの筋肉で舌の代用品を作るとか。
春には職場復帰されていたのでもう大丈夫と思っていたのに…
女房や親父より3歳も若かった。
喪主は26歳のM君。 うちの息子の幼馴染で無二の親友。
隣県で働いているが毎週休みには帰ってきて息子と二人で
夜遅く24時間風呂へ行く。
2週間ほど前にお父さんがもう長くないというので
地元に帰って仕事を探さねばと言っていたそうな。
残された家族の中でただ一人の男、やはり長男としての
自覚があるらしい。
お葬式の時に
「これからお母さんをしっかり支えてあげてね。」
と言ったら、力強くうなずいてとても頼もしかった。
そんなM君を見て息子はどう思っているのだろう?

親父も女房も今まで息子に商売を継げといったことは無い。
親父は親の望むとおりに後を継いだが商売向きの性格ではないから
それなりの苦労もしたし、望むとおりに生きられなかったことを少しは
悔しく思っているようで、息子にはしたいことをさせたかったらしい。
息子はそんな親父の思いを知らずに高校時代、しきりに
「養子に行きたい」
と言った。 だめだと言うと
大阪ばあちゃん(女房の母)の養子でもいいからと言った。
何も言われないことがかえって重圧だったのかもしれない。
「養子を欲しいと思う人は何故欲しいと思うのか分かってる?」
ときくとそれ以来ピタリと言わなくなった。
どこへ行っても自分が跡取りだという立場は変わらない事が
分かったらしい。
親父も長男であることがいやでたまらなかった時期があったと言う。
女房は跡取り娘だったが親の面倒は見なければ…と思っていただけで
さほど責任も感じず簡単に嫁に来てしまった。(結果実家は消滅した)
やはり男と女では責任の感じ方も違うのだろうか?

最近長男が一人娘と結婚して養子になったという話を時々聞く。
昔に比べて長男の自覚が薄くなっているということか?
他にも男の子がいれば良いが一人息子だとちょっとした騒動になるようだ。
来春我が家を離れるのを楽しみにしている息子。 
家督だけはしっかり継いでと言ってあるが果たしてM君のような
長男の自覚を持っているのかどうか心配なところである。





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

難しいこと・・・

なにかとても耳が痛いお話です・・・
主人も長男でありながら転勤族を理由に実家には入りませんでした 私も一人っ子でありながら主人の元に嫁いでしまった・・・そして長男は彼女がこれまた一人っ子で彼女のお家に婿養子に入ってしまいました  相談もなく自分で決めてしまったので、親として寂しい気持ちもすごくありましたし、わがままし放題な息子でしたから、他人の家でやっていけるかがとても心配でした 後からわかったことですが、私達の事を思い悩んでいたという事を知りました 親として・・それで十分という思いです

そうなんですか…

すずめさんも一人っ子だったとは驚き! 女房も同じです。
男の子を二人生んで一人を実家の跡取りにするつもりでしたが
残念ながら叶いませんでした。

ご長男ご養子に行かれたのですか。
すずめさん達のことも考え苦渋の選択をされたのでしょうね。
少子化時代だからどこででも起こりえることです。
明日は我が家かもしれない…

何処も同じ

こんにちは ポケッと女房さん
私の友人のご主人もしょうことなしに跡継いだので息子達には「好きにしろ」と・・・そしたら息子2人はサラリーマンになりました。ご主人も先代も了解なさってるとの事
我が家はと言うと・・・私も一人っ子 でも 嫁にきました。実家の両親も「別に継いでもらう財産もないし、養子でなくていい」と言うので。しかし父は長男なので実家にはお仏壇があります。私の子供は娘が2人。父に「お仏壇はどうするの?」と聞くと「弟のとこは息子がおるから、弟に頼んだ」との返事。うううん ちょっと申し訳ない感じ。
どんどん少子化が進むと これからどうなっていくんでしょうね?
 

びっくり!!

ラーさんも一人っ子だったとは…
そうそう一番の問題は祖先の供養ですよね。女房の実家は
(大阪では有名な)金光教の信徒だったのですが、
父親の親戚縁者はほとんどが戦争で亡くなっているので
お願いするところがありません。
45年前に父が亡くなった時、母は将来女房の負担に
ならないようにとお骨を教会の共同墓地に入れてもらいました。
3年前母が亡くなった時も同じお墓に入れていただきました。
実家のお墓が無いのは寂しいですがいずれ無縁仏になることを
考えればこれでよかったと思っています。
これからお墓の問題もどんどん増えるでしょうね。

ビックリ Ⅱ

我家も、
私の父方と母方、両方の先祖の供養をしています。両親が…。(墓参りのはしご)
私は、嫁にいった一人っ子。
いずれは、ひとつに納骨して供養するしかないのかな!
なんて思っているんですよ。(可能かどうかわかりませんが。)
しかし、我娘も一人っ子。
今、どうこうと言う状態ではありませんが、先のこと
考えたくない状況ではあるんですよ。
難しいですね。



え~~っ?

qoosuke さんもですか?
あらら… 一人っ子の大集合になってしまいましたね。(笑)

うちはかろうじて息子が一人いますが将来親と暮らす気は
毛頭無いようで… と言うより嫁さんの来手があるかどうか。。。
私達は放って置かれても仕方がないとあきらめられるのですが
ご先祖様には申し訳ないという思いがいっぱいで。
やっぱり何が何でも息子には家督を継いでもらわなくちゃ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/174-86e14576

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。