キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

ご利益はあったのか無かったのか?

9月のはじめに行った婦人会のバス旅行。
多賀神社で縁結びの携帯ストラップを買って
「どうかご利益のありますように」
と祈りながら長女に送った。
半月ほど経った頃、
「あのストラップ効き目あったみたいやよ」
と長女から電話があった。
まずホテルで学生時代の憧れの先輩を見かけたこと。
「ドキドキして声かけられんかったわ」
あ~あ…
そして職場の上司に告白されたこと。
「普通28にもなってありえへんやろ?」
そんで?
「同じ職場で特別仲良くしているわけでもないのに
突然言われても考えられへん。
しかも上司と言っても歳はうちより下やねん」

ふ~ん、女房が期待したほどのご利益は無かったよう。

ところが昨日また電話があった。
10年来、つかず離れず付き合っていた彼氏のプロポーズを
断ったと言う。
「え~! なんで~?」
「だってときめかないんだもん」
そりゃ長く付き合っていればときめきもなくなってしまうだろう。
けど親の目から見ると彼氏はなかなかいい子だった。
紆余曲折はあるものの一応超難関私立大卒だし、
お父様は食品商社にお勤めで海外勤務も経験されている。
夫婦仲もとても良いようだし娘もとても可愛がってもらっていた。
当の彼氏はちょっと頼りないところもあるものの
長女の行動に口出しもしないし付き合ってこのかた長女一筋の
真面目な子だ。
いずれは結婚するのだろうと思っていただけに女房のショックは
かなり大きい。
「○○君にもっとしっかりせい!頑張れ!ってメール送ろか?」
と親父に言うと今まで
「家の敷居はまたがせん!来るんやったら隣の空き地で
寝るつもりでテント持って来い!と言うとけ」

と言っていたのに
「送ってみろや」
と言い出した。 どうやら親父も覚悟していたようだ。

どうしようかさんざん迷ってやっぱりやめた。
人生の一大事だもの、長女は長女なりにいろいろ考えたのだろう。
親が子供の人生のレールを敷くわけにはいかないし、
そうしたところで将来の幸せを保証してもやれない。
何度も岐路に立って自分で選ばなければ後悔ばかりが
残る人生になってしまうだろう。
本当にご縁があればこれで切れるはずは無い。
そう信じて心の中で彼氏にエールを送っている。
届けば良いな…





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す


にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

結婚

してみないとわからない事だらけ。
今のだんなでとても幸せですが、この人と結婚していなくて、別の人とだったらどんな人生だったんだろう?と、思うことはよくあります。
独身で、よれてる時が花だった~~~。
きっと素敵な伴侶を連れて帰ってらっしゃいますよ。

ええ~っっ。でも28歳ならもう・・・。だって、年取ると余計に理想が高くなるとか、面倒臭くなるとか言うじゃないですか~!

やっぱり彼に激励メールを送ってあげてくださ~い!!ここはひとつ、少子化対策も兼ねるという気持ちで・・・!!

しかし、ぱやこさん、そんなことを考える事があるんですね。私もチラッとよぎることがありますが、私の場合ゴルゴじゃないとダメですから。やっぱり考えられません。

あらまあ・・・

今夜の我家と同じ・・・
娘もね「ふった」らしい。
29やし、ええんかいって思うけど・・・
しかたないよね。
そうそう。ぱやちゃんと同じこと、私も(今でも)よく考える。
今が不幸せなわけでもないけど。

え~っ?

幸せなぱやこさんでもそんなこと考えるの?
だったら親父の身勝手に振り回されてきた女房が
考えても罰当たらないよねぇ?
今回は娘のことには口出ししない事にしました。

なちやんは幸せね。

ゴルゴさん以外は考えられないってはっきり
言えるんだもんね。

娘の彼氏、フリーターしていた時期があって
自立心の強いうちの娘はそれが許せなかったみたい。
30を目前にして娘もちょっと焦り始めている
ようだし自分で人生を選び取ってほしいので
今回は口出しするのをやめました。

まーめさんちも

同じ状況ですか…
お互い孫の楽しみがまた遠のきましたね。
息子や次女に期待したほうが早そ。

気になるなあ…

最近の若い人の結婚観、昔の私達と同じようには行かないみたいですね。

私など、背が高く、美人でもなかったから、「あんたみたいに背が高くてブスな女は、若いウチに結婚せんと誰がもらってくれるンや?!」などと親に言われ、若さだけが勝負のように言われておりました。

心配する親の気持ちは今も昔も同じですね。
ただ、フリーターやバイトの多い昨今、結婚しない男性も多く、結婚できればそれで安泰とは行かないと、若い女性に対して思います。

ほんまに

今の若い女性の結婚観ってどんなものなんでしょうね。
女房なんかは彼氏やったら長女に首ったけやし
少々のわがままも許してもらえて楽に暮らせるのに…
と思うんですけどね。
とにかく何もかもぴったりのフィーリングじゃないと
許せないんでしょうか?

ま、親が焦って無理やり結婚させても今の子達は
平気で離婚して帰ってくるのでそうなっても困るかな
と思い、口出ししないことにしました。

それにしても世の中変わりましたね~

こればっかりは・・・

親はいつも心配したり気をもんだりですね
でもこればかりは親が決めることじゃないし、たとえ親が言ってみたところでどうにもならないことだし・・・

先日、主人と二人足首にミサンガを結びました
息子の「明るい未来・・」を願って・・あはは~~お恥ずかしい~(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/172-c3f4d735

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。