キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

余計な一言

5月ごろから機嫌の悪かった息子がやっと元に戻った。
まあ機嫌を損ねる原因の一つは女房が作ったのだが…

4月に息子は大手100%出資の半導体メーカーの
入社試験を受けた。
彼の中では教授から大学推薦の許可をもらっていたので
早々に就活を終わらせることが出来る予定だったらしい。
でも世間はそんなに甘くない!
推薦の特権を使う間もなくなんと1次試験で落ちてしまった。
相当ショックだったらしい。
「こうなったら大手を受けまくるぞ!」
と言っていたが1ヶ月ほど経った頃
「おかん、ええ会社見つけたわ。
おれのやりたいことにピッタリや」

「ふ~ん、どんな会社?」
「小さい会社や。」
聞けば社員50人ほどのほんとに小さい会社。
「あんたそんなとこ入ってすぐに潰れた言うたら
どうすんの? もうちょっと考え直し」

言っても聞くはずはないと思ったが黙っていられなかった。
と言うのも息子が大学4年の時、担当の教授と
お話をする機会があって
「息子さんなら1000人規模の会社の内定は
すぐにでももらえますよ。」

と言われ、さらに
「息子さんが望まれるなら大学院へ進学してもっと大手を
目指されてはいかがです?」

とおっしゃってくださったのです。
そして通っていた私立よりも国立のほうがより有利だと言うことで
自宅から通える大学院大学を進めてくださったのだ。
息子もその気になって大学院へ行くことを決めたのに
よりにもよって50人規模とは…

「そんな小さい会社へ勤めさせるために大学院へ
やったんちゃう!」


言ってはいけないと頭ではわかっていたのに
つい口から出てしまった。
それから息子はだんまり!
おまけにその会社ともう一つ受けた会社の合否通知も
遅れてますます不機嫌に…

女房が親父と結婚したとき義母はまだ子離れが
出来ていなかった。
親の勧める実業高校へ1番で入学し、逆らうことも無く
家の商売も継いでくれる、親父は義母には自慢の息子だった。
嫁は自分の気に入る日本的な顔立ちの近隣の子と…と
勝手に義母は決めていたらしいが親父が連れてきたのは
当時南方系ハーフとよく間違われていた大阪在住の女房。
とことん反対したが最後には駆け落ちもどきをされて
しぶしぶ結婚させたもののとにかく気に入らない。
嫌味は言うわ意地悪はするわ。義母の行為はとても醜く
哀れにさえ思えた。
女房はあんな母親には絶対なりたくない! そう思って
息子とは少し距離をとりながら育ててきた。
期待しないためにうるさく勉強しろとも言わなかったし、
何かをしてはいけないとも言わなかったと思う。
だから息子にとっても女房の言葉はこたえたのだろう。

「内定通知もらったから決めるわ。」
「あんたはそこで何したいん?」
「半導体の設計!」
「ふ~ん、まあやりたいこと出来るんやったら頑張り」
最後は応援してやるよりしかたないことはわかっているのに
余計な一言を言ってしまったことに再度反省。

後日息子が
「見る?」
と2枚のコピーをくれた。
それはみずほ銀行の機関誌に載った息子が来年から
勤める会社の記事だった。
読んでみると音声認識ロボットなども手がけていて
世界にも進出しようとしているらしい。
女房の一言に腹を立ててもやっぱり親が安心するように
気を使ってくれる息子の優しさがとても嬉しかった。




引き続き7月末まで能登支援ギフトの注文を承ります。
ご注文の方はコメントに入れてください。

なお こちら(Yahoo shop) でもご注文いただけます。
ただし、都合により3400円のセットのみ掲載してあります。
ご協力よろしくお願いいたします。




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す


にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

コメント

これも人生・・・

親の思い通りには行かないものです。わかっていてもつい口を出してしまうものです
家も何度も裏切られたような思いをしてきました・・・
親の心子知らず、子の心親知らずと言いますが、本当は心の奥ではわかっているんでよね・・ただ言えないだけで。。。内定おめでとうございます(^^)

小さくても将来性のある会社じゃないですか!!おめでとうございます!!

うちのバカ息子は勉強もちゃんとせんと、私は口も手も足も毎日出しとります。

私も子離れできなかったらどうしよう・・・と前から少々悩んではいるのですが・・・。とりあえず高校に入るまでは・・・。

就職は家業を継いでくれたら・・・。

しかし、お姑さんは大変ですね。私もダンナの義父母に反対されたのですが、一緒に食事してお許しを得ました。たまに嫌味や意地悪もありますが、基本的には仲良くやってます。じゃないと同居はできませんね。

女房さんの気持ちよーくわかります。
親としての気持ち、子供の立場になってみて思う気持ち。行ったり、来たりしてしまいますよね。
子供の気持ちが一番とわかっていても、条件の良いところの方が良いじゃん!なんてネッ♪
うちも、数年後に同じような悩み抱えることになると思うとゾッとします。きっと、私も同じこと言ってしまう気が…。
でも、気を使ってくださる息子さん やさしいですね。♪自分の道を見極めたのですから、立派です。
おめでとうございます。♪

ありがとうございます

やっと一安心です。
すずめさんもやはり同じような思いをされました?
うちではずっと好きなことを仕事にしないと続かないよと
言ってきたので、考えようによっては親の言うことを
素直に聞いてくれているんですけどね。
複雑な心境です。

ありがとう

なちやんとこはまだまだこれから苦労が待ってるぞ~
って脅かしたリして…

なちやんとこはお姑さんと仲良さそうじゃん。
うちは受け入れてもらえるまでに15年近く
かかりました。
だってうちの義母、末っ子の跡取り娘だったから…
やっと仲良くなれたと思ったのにアルツハイマーに
なっちゃってそれまでの私の苦労はなんだったんだ!?って
思う今日この頃です。

qoosuke さん

ありがとうございます。
娘達が就職をするときは
「あっ決めたの?頑張りなさいよ」
だけだったのに、やっぱり息子は将来家族を
養うことになるのだから少しでも生活が安定する
ところの方がいいのではと思ってしまうのです。
でも大手に入って自分の好きな仕事が出来ずに
嫌になってやめたり、うつ病になったりされるよりは
いいかなと思うようになってきました。

うちも

就職を決めるときには似たような問答がありました。
親は子どもに無駄な苦労をさせたくはありませんからね。
うちの息子の仕事も息子自身が「営業がやりたい」と自分で選んだのです。いまだに理解できませんが。

もう直ったの?

いつも元気なまーめさんなのに39度の発熱、
心配しました。

やっぱりお宅でもありましたか…
男の子の就職って難しいものですね。
でもまあ決まってヤレヤレですが
今度は嫁さんの心配が…
もっと大変そう。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apio.blog22.fc2.com/tb.php/149-a4440e39

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。