キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

大事件!

よもや自分のまわりで起こることなどないだろうと思っていた殺人事件が
町内で起こりました!

加害者はなんと我が家の2軒斜め向かいに住む74歳の大工さん(兄)。
被害者は背中合わせの住宅に住む71歳の弟さん。
遺産相続がもとの事件だそうですが、女房が嫁に来たときはすでに
兄弟の仲が悪いと評判でした。
ご近所の人の中にはしょっちゅう二人が怒鳴りあう声を聞いたりして
いつかこんなことが起きるのでは…と危惧していた人も多かったそうです。

加害者のお兄さんは膝の悪い奥さんと二人暮らしだったのですが
事件のことを車で1時間ほどのところに住んでいる一人娘さんに知らせたら
パニック状態になってしまい、お母さんの面倒を見るどころでは無くなって
しまったそうです。
歩けずにほとんど外に出ることも出来なかった奥さんのことが心配です。

いろいろな事件があるたびに思います。
加害者本人も刑務所で辛い思いをしなければならないだろうけど
家族や親兄弟は世間の目に晒され加害者以上に辛い思いをしなければ
ならないのだろうなと。 職を失い、結婚を諦め、人目を避け、過去を
語らずひっそりと暮らしていくのがどんなに辛いか加害者は考えられ
なかったのだろうかと。

日本人はいつからこんなにエゴになったのだろう?
昔は口やかましくおせっかいだけど何かの時は頼れる人が必ずまわりにいた。
困ったときに助けを求めると自分の事以上に張り切って力になってくれた。
親戚だってもっと頻繁に行き来していた。 何かお世話になったっけ?と
思いながらもお中元やお歳暮のやり取りをしていたが、それがきっかけで
おたがいの近況を知ることも出来た。
今は法事さえほんとの身内しか呼ばない。とにかく人とのお付き合いを
最小限にとどめようとしている。
自分ひとりで考え、間違っていようがいまいが自分の思いどおりに行動するから
まわりが多大な迷惑をこうむることもある。
明らかなコミュニケーション不足。
ちょっと話をしていたら家族を犯罪者にせずに済むこともあるだろう。
だから親子の会話だけでもしっかりしてもらいたい。
まわりで起こった事件をきっかけに良いことと悪いことくらいは
きちんと教えて欲しいと思う。

ま、自分はそうして来たのか?と訊かれると困るけど…(苦笑)


スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

行ってきました~♪

学生時代の親友3人と毎年恒例の1泊旅行に行ってきました。
今年は明石大橋を渡って道後温泉で1泊し、しまなみ街道を通って
瀬戸内をぐるりとまわる旅。
運転はヨシ。普段ご主人の仕事を手伝って車で東奔西走しているので
運転は慣れたものですが、時たま速度計が160km。ひぇ~~
還暦前のおばさんの運転じゃない!!!(笑)


それはさておき、明石大橋を渡ってまずは一服。

道後 明石大橋1

たーちゃんのご主人が作ってくれた鯖と鰻の押し寿司をいただく。
(写真撮り忘れちゃった。 たーちゃんごめん。)
とってもいいお味!寿司飯の味付けはたーちゃんがするそうだが
企業秘密でご主人にも教えないとか(笑)
お腹一杯になって最初の目的地、金比羅さんを目指す。

しかしその前に学生時代からきちがいのようにうどんの好きな
みっちゃんの希望で讃岐うどんの名店「山越うどん」へ。
1時近くに着いたのでさほど並ぶことなく店内へ。
丼にうどんとねぎを入れてもらって自分でお出汁を注ぎ、
お庭のようなところで4人並んでいただく。
モチモチとした弾力のあるおうどんはたまらなくおいしかった。

そして次は金比羅さんへ。
じつは私が希望したことになっていたがほんとはここにある
「中野うどん学校」へ行きたいと言ったのに…
車を止めたところで帽子と杖を借りしぶしぶ3人の後に続く。

道後 金比羅1

これが入り口? 奥社まで1,368段あるそうだけどもう半分は
登ったんじゃない?


甘かった…

登る前から聞いていた参道途中のオシャレな喫茶店みっけ!

道後 金比羅9

一服しようと言ったけど即却下。 ちぇ…


これを登ればいよいよ本宮。よくぞここまで(感涙)

道後 金比羅2

と思ったのもつかの間。 皆さんどちらへ?

道後 金比羅6

え~~~まだ続くん?

道後 金比羅7

さすがに先頭の二人もお疲れらしい。
その間に私、奥社に1番のり!(笑)

道後 金比羅8

ほんまにこれだけ登ってきたんよ!

道後 金比羅10

帰りは転げるように下りて念願のオシャレな喫茶店「神椿」へ。
気が付けば肝心の本宮の写真も撮らず。 ま、いいか。

次、行ってみよう!  道後編に続く







にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

女房の悩み

親父と女房のたった一人の姪が結婚することになりました。
姪は23歳。我が家の末っ子よりも3歳も若い。
しかもびっくりした事にお相手は37歳、東大出の市会議員。
東京の大学にいっていたときバイトで選挙のお手伝いをして
知り合ったとか。
いいのか?そんなおじさんで?とおもわず思ってしまった(笑)
挙式は秋に明治神宮で行われることになり、我が家の娘達も
振袖を着ようか、ドレスにしようかと賑やかである。

ところが女房、頭を痛めていることがある。
おじいちゃんをどうしようかと悩んでいる。
東京までは遠い。最近特に足がおぼつかなくなってきているのに
行けるだろうか?
電車で行くと途中何度か乗り換えなければならない。
乗り換え時の時間に余裕がなければ慌てて転倒などの事故に
なるかもしれない。 
バスなら階段の上り下りはないが8時間あまりの長旅はお年寄りには
堪えるに違いない。
飛行機が一番楽だが羽田の出発ロビーから搭乗口までの距離を
考えるとおじいちゃんの歩行速度ではどれだけかかるやら。
もちろん動く歩道などには乗せられそうもないし…。
連れて行くのがとても億劫に思えてきた。

いろいろ考えているところへ東京に住んでいる友人が
ひょっこり帰ってきたので愚痴ると

「車椅子を借りればいいじゃん。」

とあっさり言われた。
なるほど!
さっそく親父に提案すると

「車椅子なんて簡単に言うなよ。
 自分ではしっかりしているつもりなのに車椅子なんぞに
 乗れと言われたら、親父のプライドが傷つくかもしれん」


さすが息子!
まわりから若いの元気だのと言われているおじいちゃんだから
車椅子などと言ったら怒り出すかもしれない。
ではどうすればよいのやら?

「そんなに急がんでもまだ半年近くある。
 その間に本人が行けんと悟るかもしれんし。」


親父にそう言われてしばらく様子を見ることにした。
すると女房達の話を聞いていたのでは?というようなタイミングで
おじいちゃんが式に出席しないと言い出した。

「なんでよ。 Mちゃんの晴れ姿しっかり見て
 おばあちゃんに報告してあげんと」


と言っても頑として行かないと言う。
どうやら先日水墨画サークルで「なばなの里」へ行ったものの
園内の移動でこりゃだめだ…と思ったらしい。
とりあえずホッとしたものの今度は一人残していくおじいちゃんの
食事をどうしたものやら。
連れて行くのと残していくのとどっちが楽だろう?(苦笑)


にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。