キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

政治は難しい!

先日まちづくり推進協議会に出席した。
その中である部会から

「校下の公園を調べ不具合のあるところを直してもらうよう
市へ要望書を提出したが未だに返事がない。
要望書を出すところを間違ったのだろうか?」


という話が出た。

私が住んでいるところは温泉地なので田舎でも人口が多い。
その中でまちづくり推進協議会は組織図的には一番上にあるのだが
実際はいろいろな組織がありその中にも同じような部会がそれぞれにあり
グチャグチャな状態。
町は区分けされているので区長さんの集まりである区長会もあり
ここの面々はまちづくり推進協議会は自分達の下にあると思っているらしく
連携が全く出来ていない。
だから市からの回答はすでにきているのかもしれないし、ひょっとしたら
市側もどこに回答すればいいのかわからず困っているのかもしれない。
この問題は市へ再度問い合わせることにして来年度はまちづくり推進協議会の
位置づけをはっきりさせるために今まで以上に活動しようということで
お開きになった。

うちに帰って親父にこの話をした。
すると親父は

「まちづくり推進協議会で要望書を出した?
あかん、あかん、考えてみ、他からも一杯要望書がくるねんで。
お前らが出した要望書なんて他からのと一緒にその辺に積んであるわ。」


「そんなことないやろ。」

「やっぱり要望書は区長会長さんを通して直接市長に出さんと。
今の○○さんはもう何期も区長会長してるから市長にも顔が利くし
最近は県議会にも繋がりが出来たそうや。」


ここで女房カチン!と来た。

「そんなふうに人と人との繋がりに頼ってるからろれつの回らない会見をして
全世界に恥をさらす議員が当選するんと違うんか!
自分達の便宜のためにそんな議員を当選させて恥ずかしないんか!」


この後親父は無言のままいつの間にか寝室へ消えていた。

親父世代より上の人はきっと親父のような考えの人が多いのだろう。
市長や議員の知り合いばかりが要望を聞いてもらっているようでは
どれだけ頑張っても世の中はよくならない。
若い人達には同じ道を歩まないようにしっかり考えてもらいたい。




スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

私のイメージ

先日友人のお姑さんが亡くなったのでお通夜にいきました。
友人のお家は親族が少ないのか、普通は年配の親族がなさる
最後のご挨拶を友人の息子さんがなさった。
彼はおばあさんが亡くなるまでのいきさつを一通り語った後、
おばあさんがとても器用で自分達が小さい頃洋服だけでなく
カバンや帽子まで作ってくれたこと、読書が大好きでいつも傍らに
本があったこと、おじいさんと二人で当てのない旅に出るのが好きで
帰ってくるといろいろな話を家族にしてくれたことなどをとてもいとおしそうに
話されていました。
おばあさんが大好きだった息子さんの気持ちが伝わってほんわかした気持ちで
家路に着きました。

その晩考えました。
もし私が死んだら子供や孫(まだいないけど…)はどんな風なイメージで私を
思い出してくれるだろうか?

私の母方の祖母は和裁の教師でした。 92歳で亡くなる半年前まで着物を
縫っていました。 もちろん私や子供達の着物やゆかたはすべて祖母が
縫ってくれましたし、私が小さな頃は仕事の合間に人形の着物やお布団も
縫ってくれました。 祖母のまわりにはいつも綺麗な端切れがあって
それらが見てる間にお手玉や巾着袋になるのがおもしろくて祖母にぴったり
寄り添って飽きることなく見ていたものです。
だから私が思い出す祖母の姿は鼻眼鏡をして背を丸めながら縫い物をしている
姿です。

母はお料理のとても上手な人でした。 戦後進駐軍(古っ!)に関係した方から
お料理を習ったそうで私は子供の頃からプリンやドーナツ、ホットケーキなど
当時まだどこでも売られていなかったお菓子をおやつにいただいていました。
手先も器用だったので凝ったお料理やお菓子もお手の物。
我が家の子供達にも母はおいしいものを食べさせてくれる料理の上手な
おばあちゃんとイメージされているようです。

さて私は…と言うと? バッグばかり作っているおばあちゃん?
お菓子やお料理を作ってはくれるけどよく失敗するおばあちゃん?
天気さえよければいつでも草引きをしているおばあちゃん?
スピード狂(いとこ曰く)のおばあちゃん?
いったいどんなおばあちゃんとイメージしてもらえるやら。
いろいろなことにふらふらしているとイメージもしにくいだろうから
ちょっとはしっかりせねば・・・ と思う今日この頃です。






にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

超レア物?

今日はめったに見ることの出来ない親父の抜け殻をお見せします。

それはこちら

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

   ↓

超レア物 1

あは! 行儀が悪いと何度注意しても直らないから

全世界に向けて公開しちゃいました♪ 

ちょっと片付ければ良いだけでしょと言うのですが

夜はくとき、これが1番はきやすい んだそうで… 

(ノ_-;)ハア…


ところが今朝、天罰が下り抜け殻の上に

はっちゃんがゲロッピを! (お食事中の方すみません)

超レア物 3



超レア物 2
ついに告白しちゃったわ♪


はっちゃん、バレンタインデーには1日早いっちゅうに!





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

にしん漬け

今冬最後のにしん漬けを漬けました。
ほんとは自家栽培の大根でするつもりだったのが
見事に盗まれてしまい残念ながらスーパーで買った1本¥98のものに
なってしまいました。

まず最初は3%の塩で5日ほど下漬け。 (写真取り忘れました。(;´▽`A`` )

本付けの前日に身欠きにしんを米のとぎ汁または番茶につけて
戻しておきます。

当日の朝、麹に熱々のご飯と60℃のお湯を加えて保温箱へ入れ
甘酒を作ります。

にしん漬け工程 1

私が使っているのは魚市場で親父がもらってきた発泡スチロールの箱。
その中へフリースのひざ掛けとこの時期留守の間ニャンズのために
置いておく充電式の湯たんぽ(オレンジ色のカバーのもの。 レンジで
チンするものより時間持ちがいいので甘酒作りの日はニャンズから
取り上げます(笑))を入れ夕方まで放置。
帰ると甘~い甘酒が出来ています。

人参もせん切りにして準備完了!

にしん漬け工程 2

これらをすべて混ぜた後軽い重石をしてさらに3日ほど。

にしん漬け工程 3

こんな風に出来上がるはずです。

にしん漬 2

ちなみにこれは4年ほど前の画像。 この頃は親父もまだ大根の切り方に
注文をつけなかったが最近は噛み切りやすいようにしてと言われます。
それだけ年をとったのですね。

後1日で食べられます。 楽しみ~♪





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

畑泥棒

先週の初めだったでしょうか、久し振りに畑に出ると
大根の葉の間にこんな穴が・・・

「なんだべ?」

畑泥棒 1

どうも大根を引き抜いた後らしい。
思い返してみるが自分で抜いた覚えはない。
と言うことは・・・ 誰?

おかしいな、おかしいなと思いながら先週末今季最後の
にしん漬けをつけるためめぼしを付けておいた大根を収穫しに
畑に出ると

な、な、なんと・・・

畑泥棒 2

奥の畝のように葉っぱがワサワサ茂っていたのに
見るも無残な景色になっているではないか!

明らかに畑泥棒!

大根は私に似て?短くてとてもスマ~ト。
泥棒さん、1本では足りないと思ったのか7~8本は
抜いてあった。
ずぶの素人の私が育てた大根でもいいのなら
一声かけてくれれば喜んで差し上げたのに
出来損ないの大根を盗んで犯罪者になった泥棒さん
かわいそう。

それでも時間が経つとともに腹立たしくなってきたので
またやって来るだろうとちょっとした仕返しを考えました。
でも現在の畑の様子は↑と同じ。

何故?

それはね、 大きめの大根は収穫しちゃったから。
ほらね。 これ以外にもスマートなのを何本か。

畑泥棒 3

今畑にある大根はフェイクです。
葉っぱをうまく切り離し、土から出ていたものは上の部分を切って
元に戻しておきました。 (o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

今年は作物収穫以外の楽しみも増えちゃった!!!
泥棒さんをおちょくる方法もっと考えよう。
皆さんもよいアイディアがあればぜひコメントに書き込んでくださいね。




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。