キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

もしも・・・

うちの事務員さん、よほどストレスが多いのか時々
「地球が爆発してしまえばいいのに・・・」
と恐ろしいことを言う。
ま、早期定年退職をしたご主人は5年ほど前から
リンパ節に癌のようなものができて毎年1回放射線治療を
受けているし、自身も遺伝性の糖尿病でインシュリン注射が
手放せない。 家で一番元気なのは90歳になる姑くらい。
心境がわからなくも無いが
「そう思わない?」
と同意を求められると
「うん」
とは言えず
「人生が突然終わるのはイヤやわ。
できれば私は30代くらいに戻って人生やり直したい。」

と言った。 すると彼女
「ふ~ん、やっぱり社長とは結婚してたいんや」

実に痛いとこを突きますな… (笑)

そりゃ出来ることなら優しいお金持ちとやり直したいとは思いますが
私のようなへちゃむくれを嫁にというようなボランティア精神たっぷりの人は
親父以外にはどう考えてもいそうに無いので、それならいっそ結婚前の
ゴタゴタを再び経験することなく30代に…と思ったわけです。
で、30代に戻ったら何をするかと言うと、まず義母と対決します!(爆)
結婚を大反対されたために何とか良い嫁にならなくてはと
言いたいことも言えず、お金が足りなくても(食べる事と住むとこには
困らなかったが当時の親父の給料は独身時代の私の給料より安かった)
必死でやりくりしていましたが、やリ直せるなら言うべきことはちゃんと
言い、もらうものはしっかりもらい、習い事をしたり友達とお茶したり、
当時出来なかったことをすべてしたい。 
そして親父ともちゃんと会話したい。 
当時親父はとても無口(今は六口=6ツ口があるほどよく喋る)
しかもいろいろな役職を引き受けてほとんど家にいない状態。
たまに家にいるとテレビにかじりつき、土曜は決まって麻雀。
それでストレス発散しているんだと子供達にも言い聞かせ
邪魔しないようにしていた。
義母と折り合いが悪いことも負い目になっていたし、親の悪口を
言われるのもイヤだろうと愚痴もあまりこぼさなかったせいで
親父は義母の仕打ちもほとんど知らなかった。
もしもっと会話が出来ていれば親父も好き放題しなかっただろうし、
私も親父に幻滅することもなく今のような良い状態でいられただろう。

と、事務員さんとおたがいやり直せたら…で盛り上がったのですが
「でも実際そうなったらきっと何も言えなくて今と同じような人生
歩むのよねぇ~」

「私もそうだと思う」
と最後には意見が一致しました。

今と違う人生を歩むためには性格も変えなきゃダメね。
だったら今からでも遅くない?




スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

空気の読めない人々

麻生総理がダブルKYと言われたのはつい先のこと。
国のトップがこうだから国会議員も倣うのか・・・
テレビの情報番組の中である女性議員が
「特別給付金をもらったら何にお使いになりますか?」
と質問されていた。
「そうですねぇ。 飛騨牛でも食べましょうか。」

なぬ?!

「飛騨牛はおいしいそうですから・・・ ほほほ・・・」

食べたことのないような口ぶり。 嘘つくな!
無性に腹が立った。
世の中にはリストラされて今日の生活にも困っている人が
わんさかいると言うのに何たるKYな発言!
国民の大切な1票をもらって国会議員になったくせに
「派遣村を運営しているNPOに寄付します。」
くらいのことを言えないのかねぇ。
「特別給付金をいただいたら生活用品を地元の商店街で
買いなさいと妻に言いました。」
と言った議員さんもいるんですよ。 
爪の垢をもらって飲んでください。



春闘で8000円のベースアップを要求している連合の皆さんも
KYな人達の集まりのようだ。
物の売れない昨今、ベースアップの要求を通すためには会社に
尚一層の経費削減をしてもらわねばならない。
一番手っ取り早い経費削減といえば・・・ リストラ。
一緒に戦っている誰かを犠牲にしても良いというのか?
テレビでは毎日のようにワークシェアが話題になっている。
この時期の春闘はリストラ反対!ワークシェア導入の要求が
ほんとではないのか?
何のための労働組合なんだろう?



昔は良かった! と言ったら年寄りやねぇと言われそうだが
人情あふれる人々がお金はなくても笑って暮していた時代を
今の若い人達にも見せてあげたいと心から思う。




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

今年初の失敗 その2

昨年末 totto さんのブログで小籠包の作り方を
手ほどきいただきました。
粗忽者で手際の悪い女房、どうしても一人で作る自信が
なくて年末長女が帰ってくるのを待って
「小籠包を作ってみない?」
と誘ったのです。
食いしん坊の長女は一も二もなくOK。
夜中に二人してジャスコに買物に行き次の日さっそく
作りました。
皮は彼女が担当。 スープと餡は女房。
ま、皮は一時間ねかせたあとさらにベンチタイム30分あるし
とのんびり構えていたのですが女房がスープを作り始めたとたん
娘達と親父が出かける準備。
置いていかれては困ると思いあわてたために餡に
調味料を入れなかったような?????

包むのは長女と次女が器用さを競いながらあっという間に
済ませました。
そして蒸しあがったのがこれです。

ショウロンポウ

残念ながらスープが出てしまったのがほとんどでした。
まあ最初からtotto師匠を超えるわけにはいきませんもんね。(笑)
で、食べながら何か物足りない味だなぁと。

!!!

そういえばオイスターソースに触れませんでした。
ごま油も棚から出さなかったし・・・

~(=^‥^A アセアセ・・・

おそらくおじいちゃんと親父は小籠包を食べたのは初めて。
娘達はスープが残っているかどうかの方が気になって
味どころではなかったようで。

こうして年明け早々の女房の失敗はうま~く闇に葬られましたとさ。
めでたし、めでたし。
でもウエイパーと醤油のみでも充分おいしかったですよ。(笑)






にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

今年初の失敗 その1

毎年3日くらいになるとおせちも少なくなって
だんだん容器も小さくしていくのですが、一つだけ
最後まで大きさの変わらないのが黒豆の容器。
黒豆自体は少なくなっているのにお砂糖をたっぷり含んだ
煮汁はちっとも減らず、最後は廃棄処分。
いつももったいないなぁと思っていました。
そこで今年はこの煮汁を利用してお菓子を作ってみようと
思い立ちました。



で、お正月らしい御菓子が出来たことは出来たのですが

          ・
          ・
          ・
          ・
          ・




21年おせち活用

親父  「甘すぎる」
長女  「後味が悪い」
次女  「見た目がいまいち」

とブ~イング。
下に入れた道明寺粉は蒸し過ぎだったし、確かに醤油と塩の
入った煮汁をお菓子にというのは無理があるのですが…
残り4切れを食べあぐねています。
グッドアイディア! と思ったんだけどな。





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

おめでとうございます

21年正月


遅ればせながら明けましておめでとうございます。
昨年は私の拙いブログに立ち寄ってくださったりコメントを残していただいて
本当にありがとうございました。
どうか今年も相変わりませずお付合いをお願いいたします。


さて今年の我が家のおせちです。(長女撮影)

21年おせち

昨年クリスマスが済むと同時に海老のつや煮やローストビーフなどを作って
冷凍しておいて、黒豆は奥薗とし子さんの土鍋で煮る方法でしたので
年末はかなり余裕を持って過ごせました。
これからはずっとこの方法で…と思っています。


今年もおいしいものを一杯作って食べて、大好きな針仕事もい~~っぱいして
笑って過ごせればいいな。






にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。