キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

猫は見かけによらぬもの



大きな図体をしながらいつもチンマリまとまって寝るはっぴー。


はっぴー寝姿







反対に小柄で一番新しく家族になったくせにこの態度!


チョビ態度





性格があらわれてますなぁ・・・





スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

水谷 修氏の講演会

昨夜、夜回り先生で有名な水谷修氏の講演を聴きに行きました。

現在の子供達の問題は細分化され

1. 非行
2. 不登校・引きこもり
3. 薬物使用
4. リストカット

の4つに分けられるがどれも大人社会のイライラが子供達にぶつけられ
自分の存在価値を認めてもらえない子供達の逃げ込む場所になっているという。
水谷氏の言われる夜の世界(問題を抱えること)からせっかく昼の世界に
子供を返しても受け入れる場所が変わらなければまた夜の世界に
返ってきてしまう。
親でなくても祖父母でも親戚のおじちゃんおばちゃん、近所のおじちゃん
おばちゃん、誰でもいいから子供達にそっと寄り添い優しい言葉かけや
長所を褒めるなどしてあげれば問題が解決することも多いとのこと。

思い出してみれば女房が子供の頃は隣近所の付き合いがとても密で、
悪いことをすればもちろん叱られたけどお遣いに行けばお店のおじちゃんが
「お遣いかい。 偉いねぇ」
と褒めてくれ、玄関を掃いていると向かいのおばちゃんが
「お手伝いしてるの? おばちゃん手伝ってあげるよ。」
と言ってくれ、終わった後にはご褒美に飴玉をくれたりした本当に
暖かい世の中だったと思う。

今は人に話しかけるのさえ勇気がいる。
良かれと思ってしたことでも大きなお世話と言われることさえある。
親切を素直にありがとうと言える世の中を作らなければ子供達は
どんどん荒んでしまう。
子供の手が離れた女房の世代ももう関係ないと思わず関わっていかなければ
いけないと改めて思いました。

それともう一つとても心に残ったこと。
水谷氏はこの世から携帯電話とインターネットとゲーム機が無くなれば
子供の問題はずっと減ると断言されました。 
そして
「3歳の子に何も教えずに包丁を持たせますか?
危ない物、人をも自分をも傷つける物とよ~く教えてから持たせるのに
何故携帯電話は何も教えずに持たせるのか?」

という質問を投げかけられました。
非行や犯罪につながる有害サイトが取りざたされている昨今、
親にもそれぞれいろんな事情はあるにせよあまりにも子供の要求を
安易に聞き入れすぎていると水谷氏はおっしゃっていました。
そして
「子供を生めば必然的に親になるのではない。
親も勉強したり努力してはじめて親になれるのです。」

とも言われました。
この言葉女房の胸にず~んと響きました。

皆さんはどうですか?




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

洗濯機

先日洗濯機が故障しました。
汚れ物を浸けおきしておいたら水が半分くらい漏れて
床がビチャビチャになっていました。
確かこれを買ったのは義母がアルツハイマーと診断された後だったので
6~7年前でしょうか。
親父の友達の電気屋さんに
「とにかくボタンを押す回数が一番少ない洗濯機をちょうだい」
とお願いしました。
あれからずっと機嫌よく働いていたのにいったいどうしたものか・・・?
ちょっと底をのぞいてみようと思いましたがか弱い?女房には無理。
無駄やろなぁと思いながら親父に頼みました。

ところがビックリしたことに見事復活!
「どないして直したん?」
と聞いても本人も
「わからん・・・」
まぁ、いつものことです。(笑)

ところが気に入らないのがおじいちゃん。
今までも
「ほんまに回ってるんか?」
と疑い深げに洗濯層を覗き込んでいました。
女房も時々脱水後も洗剤が溶け残って洗濯物にネチョっと付いて
いたので疑ってはいたのですが、洗濯物の入れすぎくらいに
思っていました。
だからまだまだ使うつもりでいたのですが言い出したら聞かないおじいちゃん。
とうとうお金を出すから買換えろと言い、家電量販店を回り
カタログを集め始めました。
放っておいて女房の思惑とは違うものを買われてしまっては大変なので
しかたなく貴重な休みを返上して親父と洗濯機を買いに行きました。

昔と違って洗濯機も最上級のものを買おうとすると20万円以上
するのですね。 ビックリしました。
おじいちゃんが出すと言ったのは15万円。 女房にとっては
ラッキー!なことですが、これは暗に斜めドラムの今時の洗濯機を
買えよということでこの金額では斜めドラムでも低ランクのものしか
買えない。 縦型のものだと最上級のものを買えるのに・・・と
ブツブツ文句を言いながら結局金沢以西の6件の量販店を回りました。
その甲斐あってリサイクル料を含め16万円を切るお値段で
1つ前の型番のかなり高ランクのものが買えました!
これでおじいちゃんも文句は無いだろうと思ったのですが・・・・


洗濯機


ちと大きすぎて奥の園芸道具を取り出すのに蟹歩きしなければ
ならなくなりました。(泣)
しっかり寸法を測ったつもりだったのになぁ。
また文句が出そう・・・





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。