キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

土曜の夜のこと

土曜日の夜、釣りきち親父と共に所属している
サークルの飲み会がありました。
ここにもメール事件の元友人は所属しているので
あれ以来飲み会はすべてパスしていたのですが
何も知らない他の仲間に気を使わせてはいけないので
今回は参加することにしました。

会食は和気あいあいのうちに終わり二次会で
近くのスナックへ行きました。
ポケッと女房は仲の良い男友達の隣に座りました。
親父は少し離れたところに座りました。
しばらくすると元友人が人をどけて親父の隣に
座りました。
ムッ!!としたけど黙って見ていると親父が
すぐにトイレへ行く振りをして席を換わりました。
「人の家庭に波風を立てておいて何の反省もないんかい?」
元友人に言ってやりたいけど言えずに
テーブルにあった焼酎の水割りを3~4杯
がぶ飲みしました。
女房はかなり飲めるほうですがこの日は
見事に沈没しました。
お開きになって気が付くといつの間にか隣に来た
親父の膝にもたれて寝ていました。

息子に迎えに来てもらってやっと帰った我が家の玄関で
「辛いし5分でええからここで休ませて~」
と言ったまでは覚えています。
「おかん、何しとん?」
息子が笑いながら二階から降りてくる足音で
眼が覚めました。
出掛けに着ていったあいものの薄いコートを着て
寒い玄関にうずくまったまま寝てました。
息子に引っさげられるように連れて行かれた寝室で
親父はぬっく~い布団で寝てました。
女房が着替えていると目を覚まし
「後5分したら見に行くつもりやったのに目覚めたんか」と…
次の日見事な二日酔いでした。
やっと体調の戻った夜、釣りきち親父に文句を言いました。
「ひどい人やね!」
「あほ! 何回見に行ったと思とんねん」
「見に来た? ほんでほったらかしか?」
「そんなこと言うていいんか?」
「言うわ! せめて台所のホットカーペットの上にでも
寝かしてくれたらええやんか!」
「ほんならもっと痩せ! 一人で運べるか!」
「息子おるやんか 運ばれへんかったらせめて毛布くらい
掛けといてくれてもいいんとちゃう? もし朝になって
死んでたらどうするん?」
「あほ! そんな簡単に死ぬか!」
延々と言い争いは続きましたがちょっと待って・・・?
2~3年前ならこんな言い争い出来たかな?
たいていは女房が文句を言っても親父は取り合わない。
口の中でモゴモゴ言ってすぐにどこかに行ってしまってた。
お互い言いたいことを言い合えるようになったのは
良い傾向なのか?
夫婦仲の修復はまだ始まったばかりです。

親父は冷たいやつだ!!と思った方はぜひポチッ
bloking ブログランキング【Bloking】へ
スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

自己チュー

休日を利用してポケッと女房は1年半ぶりに故郷大阪へ
帰ってきました。
そして学生時代の友人3人と7時間ほど喋りまくり!!
久しぶりの再会でしたが離れていた時間を感じさせない
盛り上がりでした。
学生時代の友人とは利害関係がまったくないので
いつまでも変わらずにおれるのかな~?

友人達と別れた後娘達と待ち合わせをして
夕食を食べに行きました。
娘が行こうといったお店は7階にあったため
エレベーターを待っていました。
あいにく3基とも上に上がっていたので
話をしながら待っていました。
1基が下りてきてどやどやとたくさんの人が降りて
やっと乗ろうと思ったときにドアが閉まりかけたので
あわててドアの前に立ちました。
中には若い男の人が一人だけ乗っていて
当然開けてもらえるものと思っていました。
ところがドアはポケッと女房の鼻をかすめるように
閉まり再び開くことはありませんでした。
「・・・?」
娘も女房も一緒にエレベーターを待っていた人
全員あ然。
「開」ボタンを押したのに間に合わなかったのかなぁとも
思いましたが男の人の周りにはいっぱいの人が
待っていたのです。
最初に乗り込めばまず「開」ボタンを押すのが常識でしょ?
しかも男の人は乗ってすぐ操作パネルの前に立った
わけだし…
そこのエレベーターは階上に映画館があるため
普通のものより広いものです。
そこに悠々と一人が乗ってセレブ気分でも
味わいたかったんやろか?
だとしたらけちくさいセレブやなぁ…
混んだエレベーターがいややったんやろか?
じゃエスカレーターか階段使えば…
人に悪く思われても自分が快適ならそれで良いという
自己チューまるだしの人!
家族は大変やろなぁ。 
「情けは人のためならず」「因果応報」などなど
自己チュー男は意味知らんのやろな。
今はいいけど年をとるにしたがって世間から
はじき出されるよ!
もしも息子があんなことしたら女房はきっと
泣きながら説教するわ。


自己チュー男に腹立つわ~と思われた方はポチッ
bloking ブログランキング【Bloking】へ




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

理想の男

4月から地元の大学院に通うため息子が
帰ってきました。
うれしいです!
ポケッと女房は息子が大好きです。
釣りきち親父なんて比じゃありません。

帰ってきた翌日家に帰るとお昼ご飯を食べた後が
そのままでした。
「せめて洗い桶につけといてよね~」
と言うと
「洗っておいた方がいいのかな?」
と言って翌日からはちゃんと洗って流し台に
伏せてあります。
その上夜ポケッと女房がサークルに行くのに
遅くなって後片付けをせずに出かけると
やはり帰るとみんなの分もちゃんと洗って流し台に
伏せてあるのです。
感激です!!

息子がまだ小さい時
テレビに奥様と出演していた野球選手が
「僕はお茶碗洗ったりとか良く家事を手伝いますよ」
と言っていた。
まだまだ家事をする男の人の少ない20年ほど前のこと。
「また~、いいカッコしちゃって~」
と思いながらみていると彼は
「妻のためじゃないんです。 
僕が妻と一緒に楽しいことをいっぱいしたいから
1分でも1秒でも早く妻の仕事が終わるように
手伝うんです。」
わぁ~ カッコええ~ こんな旦那と結婚したかった~
と心底思いました。

釣りきち親父の再教育は無理なので
息子をこんな男に育てようと思いました。
小学校低学年のとき娘たちと同じように
お茶碗洗いさせました。
姑が嫌がって息子の先にいつも茶碗を
洗おうとしました。
でも半年くらい続けさせました。
高学年になったとき担任の先生に
「息子さんは人の嫌がることをすすんで
してくれます」
とほめてもらいました。
大学時代には介護施設でアルバイトしていました。
経験を生かして母や姑の面倒も見てくれました。

料理もお菓子作りもします。
ミシンも娘たちよりうまく掛けます。
編み物もします。
将来は福祉に役立つソフト開発をしたいそうで
大学院への進学を決めたようです。
ポケッと女房の理想と思うような男に
育ったのかな~?
(でも彼女いません(泣))


今日は息子自慢か~と思った方はポチッと
bloking ブログランキング【Bloking】へ にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

考え方

「人間関係が楽になる方法」というホームページを読んだ。
そこには自分が好きな人としか信頼関係は
築けない、嫌いな人にも受け入れられたいと思うから
ストレスが溜まる。
嫌いな人に対しては「真心が通じない人」と
割り切ってつき合うことだ。
たとえ冷たくあしらってもきっとその人の方から
寄ってくると書いてあった。
なるほど!と妙に納得。

釣りきち親父とポケッと女房の結婚は
姑の大反対を受けた。
そのため結婚後も風当たりは強く、
姑は女房にあらゆる難題を出した。 
いい嫁と呼ばれたい一心で女房は
かなりの無理をしそれらをクリアしていたが
15年ほど経った時急に
「自分の人生って何ぞや???」
とものすご~い虚無感に襲われたのだ。
子供たちは大きくなって親の手を必要としなく
なりつつある。
親父はと言えばお気楽に毎晩のように出かけている。
(まあ役職もいろいろあったのだが…)
いったい自分は何のためにこんなに
頑張っているのだろう?
いったい何の得があるのだろう?
こんなに頑張ってきたのにすべて昔のまま?
何もかも馬鹿馬鹿しく思えた。

それからポケッと女房は変わった。
姑に出される難題のうちクリア出来そうなものは
一生懸命した。
でも出来ないものは出来ないとはっきり断った。
それまで姑の目を気にして出来なかったことも
始めた。
不思議なことにこの頃から姑との仲が
格段に良くなった。
姑が年をとったせいもあったのかもしれないが
何かにつけ私を頼りにするようになった。
まさにホームページに書いてあった通りなのだ。


"嫌いな人にもいい顔しようと一生懸命に
なるから落ち込むのです。
「友達に裏切られた」なんて怒っている人は
たいていこれなのです。
好かれようと努力した自分にも腹が立つし、
自分を好きにならない相手にも腹が立ちます。
挙げ句の果て、人は信用ならない、なんて
捨てぜりふを吐くのです"

まったくこの通りだ。
「メール事件」で元友人に裏切られたと
怒っている女房そのものだ。
この機会に修正修正!!


bloking ブログランキング【Bloking】へ にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

メール事件

元友人からメールが来た。
内容は単なるサークルの連絡事項。
文字の後ろでイラストがくるくる回っている。
おいおい、格好だけじゃなくメールまで若作りか…?
50も過ぎたというのにまるで女子高生のメールじゃないか。

じつはかつて友人だった彼女に"元”が付いたのもメールが原因だった。
2年近く前のことだが釣りきち親父に幼馴染から「東京で暮らす友人が
久しぶりに帰ってきたからみんなで会おう」と電話があった。
待合わせの居酒屋へはポケッと女房が送って行った。
迎え頼むの電話がいつきてもいいように着替えずに待っていたが
11時30分くらいに真っ赤な顔をして上機嫌で歩いて帰ってきた。
「酔ったので寝る」とすぐ床に付いたが10分ほどすると机に置きっぱなしの
携帯にメールが来た。
いつもはプライバシーを覗くようで嫌なので見ないが、その時は
酒に弱い親父がかなり酔っ払っていたので友人が無事に帰りついたか
心配でメールを送ってきたのかもしれないと思い送信者の名前だけを
見るつもりでメールボックスを開いた。
でもそこにあったのは元友人の名前…
「えっ!? こんな夜中に何故?? いったい何??」
思い切って開くと
   今夜は楽しかった。 ありがとう。
   夢でまた会えるかな?
とご丁寧にハートマーク入りで書かれていた。
「??? 男同士の飲み会じゃなかったの ???」
すぐに親父を叩き起して経緯を聞いた。
「スナックで偶然会ったんだよ!」
面倒くさそうに親父は答えすぐに元友人に「迷惑なメールして来るな!!」と
電話した。

次の朝しらふの親父は「騙されて呼び出された」と告白した。
居酒屋の暖簾をくぐるとそこには幼馴染と元友人(親父の同級生で
サークル仲間)と1学年下の女(こちらもサークル仲間)がいて、
親父も騙されたことにすぐ気付いたが帰る理由も見当たらなかったので
そのまま一緒に食事をしそこで帰ればいいものをスナックまで
付き合ったというのだ。(どうりで迎えに来いと言わなかったわけだ)
ハートマーク入りのメールをもらう心当たりは全くないし、俺も迷惑だと言うので
元友人に思いっきり文句を言って謝らせた。

でもすっきりしない…
文面もハートマークも酔っ払ってのことと思えばそんなものだが、
友人の夫を騙してまでWデートに誘うのはどういうわけか?
釣りきち親父と元友人は同窓会の役員などをしていて付き合いはあったが
特に親しくはなく性格もよく知らないと言う。
むしろポケッと女房のほうが親しく付き合っていたのに友人の家庭に
波風を立てる行為をなぜ平気で起こすのか?
親父を誘うことになった時、女房のことは頭に浮かばなかったのか?
文句を言った後になっていろいろな疑問が頭の中をグルグル回りだした。
謝罪をしてもう終わったことと思っている元友人に改めて問いただすことも
出来ずポケッと女房の心にはわだかまりが今も残ったままである。
もう昔のような友人関係に戻ることは絶対できない!!

それにしても釣りきち親父もあんまりだよなぁ。
もめにもめて「これからは隠し事をせずなんでも話し合おうね」と
約束してからたった5日でこの事件。
いくら酔って眠たいからって平気で嘘をつくなんて…
この後またまた離婚届がチラチラしたのは言うまでもないが
何とか収まって現在に至っている。
でも決して無罪放免になったわけではないぞ!
親父 よく覚えておけ!!


親父って最低!!!思われる方はぜひポチッと・・・
bloking ブログランキング【Bloking】へ

にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

男ってやつは・・・

TBSの50代人事労政局厚生部次長が出会い系サイトで
プロフィールにディレクターと書いたばかりか
独身とまで偽って付き合った女性に結婚を迫られて
トラブルになり局の名誉や信用を傷つけたとして
解雇されたとか・・・
まったく男ってやつは・・・とため息が漏れてしまう。
自分はいいよ。
嘘ついていい思いして首になったって自業自得って
もんでしょうが。
でも妻は、子供は、どうなるの?

昔「うちの子に限って」という言葉が流行った。
誰でも家族は信じたい。 おかしいな?と思うことが
あっても何とか信じようと努力する。
でもその気持ちを裏切られた時のショックは
表しようがないほどだと思う。
その上男の家族は生活も脅かされたばかりか
「大嘘つきのエロ親父の家族」という不名誉な
レッテルまで貼られ友人やご近所さんとも
会いたくない状況だろう。
男は今回のことを家族にどのように謝るのだろう?

ポケッと女房なら即離婚だな。
人生のゴールが見え隠れしだした年齢になって
自分の人生に大きな傷をつけた「大嘘つきのエロ親父」と
何が悲しくて一緒にいなきゃいけないの?
離婚したって腹立たしくて忘れることなんて出来ないのに
毎日一緒にいたら殺人事件になっちゃうかも・・・
慰謝料を取れるだけ取って絶対気楽な生活をする!

それにしてもこの男、今頃どうしてるかな?
案外出会い系で女を選ぶとき独身でなく既婚者を選べば
こんなことにならなかったのに・・・なんて悔やんでいるかも。
まったく釣りきち親父はじめ男ってやつは懲りないからな~


bloking ブログランキング【Bloking】へ にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。