FC2ブログ
キトサンで体の中のお掃除しましょ!


イベント用袋専門店 いれもん










カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ポケッと女房

Author:ポケッと女房
釣りきちがいの夫としっかり者と言われながらもポケッとしている妻です。


最近の記事


最近のトラックバック


カテゴリー


アーカイブ


ブロとも申請フォーム



近況報告です

またまた大幅に日にちが空いての更新です。

この間にやっと次女がお嫁に行きました。 お相手は北海道のラーメン屋さん。 
先日「火曜サプライズ」という番組で浅田真央ちゃんがぜひ食べてみたいと
来てくださったのに長蛇の列で入店していただけなかった『ラーメンQ』の店主
です。 おかげで我が家の年末は息子のピザと婿のラーメンで越すことが
習慣になりました。

来年はこの夫婦に第1子が誕生するので孫が3人になります。
長女の子供は男の子2人なので今度は女の子がいいな、なんて勝手に思って
楽しんでます。

おじいちゃんは全く立つことができなくなって今はケアハウスの介護付きの
部屋にいます。 耳が遠いので会話が今一つですが、とても元気で
毎週私達夫婦が行くのを楽しみにしているようです。

猫たちも元気ですよ。 次女が北海道まで連れていけないと置いて行った子が
1匹増えてますけど…

後2か月ほどでリタイヤするつもりです。
また日常をぼちぼち書いていけたらなと思っています。
よろしくお願いします。



にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

何年ぶりかのおたよりです

前回ブログを書いたのはレオが我が家へ迷い込んだ時。
何ともう2年半も経ってしまいました。

その間にいろいろな事がありました。
おじいちゃんが頭の中心部にできた直径1cmほどの血の塊のために
車椅子生活になったこと。 
そのために我が家の1階半分を大規模イノベーションしたこと。
それでも在宅介護は無理(どうしても1人になる時間があるので)と言われて
近くのケアハウスに入居したこと。

昨年末におばあちゃんが亡くなったこと。

何と女房、ほんまのおばあちゃんになっちゃったこと。

2足歩行 4

親父は女房よりもメロメロ。


そしてこれも驚き。
とても貧相だった迷い猫がとってもゴージャスな猫に変身したこと。

lion1.jpg

               ↓

レオ 1


つくづく時の流れは恐ろしい!




にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

ん? 誰?

7月よりおじいちゃん入院中。
ちょっとは楽できるかな?と思っていたのにおじいちゃんの病院、おばあちゃんの
施設、月々の経費の支払いやいろいろなお付き合いなどであちこち走り回る毎日。

それでも最近ちょっと慣れてきて休日には親父と近くの山に登ったり、外にお食事に
行ったりと夫婦と猫1匹、のんびり過ごしています

・・・ のはずが



この子、 誰!?

lion1.jpg





ただ今はっぴーの局が厳しく教育中です。

教育中

お披露目までしばしお待ちを(笑)





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

息を吹き返しました(笑)

ストーブの前でチクチクしていたものが再びストーブを出す季節になって
やっと作品になりました。
地区のカルチャー教室の作品展に出しています。

地模様バッグ1

↓ は同じ先生に習っている80歳くらいの方の作品。

地模様バッグ2

毎日が日曜日になったらこういうのを刺したい!
あ~ いつのことやら…





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

やっと1年…

今日はチョビの命日です。

ちょび5




動物嫌いの私に動物の可愛らしさを存分に教えてくれた彼女は
ほんとにあっけなく天国へ行ってしまいました。




ちょび1

箱や籠、かばんに入るのが大好きだったよね。
いつだったかお米の入っていた袋に頭を突っ込んだら抜けなくなって
台所中を転げまわって何とか抜こうとしている姿が可愛くって
おかしくって大笑いしたこともあったっけ。




ちょび3

チョビがお澄まししている貴重な1枚。




ちょび2

いつもこんな風にぐっすり寝ていて少々の物音では起きない。
それは私たち家族といることが安全なんだと思っている証拠だと
嬉しく思っていたのに結局病気になっていたのに気付いて
あげられなかった。 ほんとにごめんね。




ちょびのおもちゃ

チョビが大好きだったおもちゃ。 リボンを咥え階段を
カタン、カタンと音させながら下りてきたね。
今も大切にとってあるよ。



『ペットロス』 
まさしく私がそう。 時がたてば少しは忘れられるかなと思っていましたが
なかなか…
はっぴーも寂しそうだし、子猫をもらってこようかなと思ったことも
ありましたがきっとチョビと比べてしまうだろうし子猫が可哀想と思い
やめました。

ちょび6

今でも彼女を思い出して涙することもあるけど彼女が残してくれた
たくさんの思い出があるから私は大丈夫! …たぶん





にほんブログ村 家族ブログへ に 参加してま~す

 | HOME |  » ▲ page top